~女性税理士のブログ~   From Ayumi Masuda ブログPart2

お金も心も満タンに!ブログPart2

-IT・ブログ

弥生会計から財務応援に仕訳変換 ほかの会計ソフトも

投稿日:

会計データのデータ移行。

税理士事務所はひとつ大きなテーマだったりする。

 

お客様の移動に伴い行うデータ移行の時もありますし、

私のように、税理士事務所内の会計ソフトの入れ替えで行うデータ移行もあるでしょう。

 

うちの事務所は、

当初・財務応援(エプソン)→ ツカエル会計にする?(ビズソフト)→

やっぱり財務応援/財務顧問R4(エプソン)へという流れになったので

ツカエル会計から、財務応援へ移行することになりました。

 

ツカエル会計は、弥生会計系なので、弥生会計からエプソンの財務シリーズの移行をする方も参考になると思います。

 

 

・マネーフォワード MFクラウド会計をつかう

以前は、仕訳変換するエクセル?なんかが発売されていたのを見ましたが、

現在はマネーフォワード クラウド会計を使って移行作業をします。

※MFクラウド会計の対応ソフトたち

流れは

弥生会計 → MFクラウド会計へ会計データをアップロード → 財務応援・財務顧問の仕訳テキストとしてダウンロード

(その逆もOK)

CSVなり、テキストデータなりで、各ソフトから読み込み、取り込みします。

 

・準備と設定

まずMFクラウドのアカウントを取得。まずは無料会員でいいかと。

該当の会社の勘定科目の設定をします。

 

CSVファイル、テキストファイルの中、

弥生会計は、勘定科目「名」が同じなら移行できるようですが

エプソンの財務シリーズは、勘定科目「コード」が同じでないとエラーが出ます。

 

なので、MFクラウド会計の勘定科目の設定を行います。

 

・MFクラウド側に「ない」勘定科目は追加をします。

・財務応援・財務顧問シリーズの勘定科目コードを、MFクラウド側へ入れます。

たとえば「商品」

きっとどの会計ソフトにもあるでしょう!

自分が移行したい財務応援・財務顧問の「商品」の何番が付されているか確認(例 1710)して、

MFクラウド会計の「検索キー」に入れていきます。

 

・有料会員へ

勘定科目の設定が終わったら、会計データのアップロードをします。

インポートの方法は、各種設定 → 各社ソフトデータ移行 → 各会計ソフト名を選択

→ インポートボタンを押すと、ウインドウがでるので、方法通り行う

 

無事にデータがアップロード出来たら、有料会員になります。

というのも、データのインポートは無料でもできますが、

エクスポートは有料会員でないと出来ないようです。

(月額プランで必要な月分支払いえばいいのでは?)

 

有料会員になり、「仕訳をエクスポート」で各ソフトでインポートできる形式のデータが作成できるので、

それを各ソフトで取り込みます。財務応援・財務顧問なら、テキストファイルです。

 

・数字があっているか確認

無事に仕訳の取り込みができたか確認するのは、

各会計ソフト、試算表を表示し、数字があっているか確認します。

あっていたら完成!となります。

終わったら、無料会員へ戻ります。

 

振替伝票で入力したものが、1行ごとの仕訳になりますが、それはやむを得ない。

なんとか移行できました!

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お客様、またはその顧問税理士が利用の会計ソフト。

お客様が移動されたとき、会計データ移行をどう活用するかを考えます。

--IT・ブログ
-, , ,

Copyright© お金も心も満タンに!ブログPart2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.