女性税理士の「税金・仕訳・経理」の解説ブログ

お金も心も満タンに!ブログPart2

クラウド会計料金

-IT・ブログ

クラウド会計・確定申告の料金プランが変更 単体利用について

投稿日:

 

2019年4月、マネーフォワードの料金プランが変更になると発表されました。

変わると決まった料金プランについては「しょうがない」のですが、

 

年額プランは、更新日を待って新プランへ変わると思い込んでいたので、

移行日をもって(強制的に)新プランへ変更ということで驚きました。

取り急ぎ、まとめたので共有です。

 

・料金プランの変更について

6月5日以降、

マネーフォワード クラウド会計(法人向け)

マネーフォワード クラウド確定申告(個人向け)

 

は、これのみの利用ではなく(単体契約できない)

 

以下の4つのサービスも含んだ

 

・マネーフォワード クラウド請求書

・マネーフォワード クラウド給与

・マネーフォワード クラウド経費

・マネーフォワード クラウドマイナンバー

 

「パック料金」になります。

クラウド会計料金

マネーフォワード社公式HPより引用

 

この料金改定前にも、すでにパック料金は存在していました。

しかし、今回の料金プラン変更は「すべてがパック料金」になる、点です。

 

・取り急ぎの対応策

すでに5月8日に、パック料金を利用していた方について、新料金への変更が行われました。

 

次、6月5日に「単体契約している方」は、以下のプランへ自動的に移行が行われます。

  • 個人事業主さま:マネーフォワード クラウド パーソナルライト 月額プラン (月額1,280円)
  • 法人さま:マネーフォワード クラウド ビジネス 月額プラン(月額5,980円)

法人向けプランには、スモールビジネスという月額3,980円のプランもありますよ(以下表あり)

 

今まで「会計」だけ使っていたけど、「請求書」も使ってみよう・・・という事業者さんは、

値上げを受け入れ料金プラン変更に移行で良いと思います。

 

なるべくなら「単体利用でいい」「安いほうがいい」という事業者さんは、

「とりあえず」の対応策として

年額プランにして(単体利用期間を延ばす) & そのプランを解約する 

クラウド会計料金

詳しくは、公式サイトで説明がありますが、

https://support.biz.moneyforward.com/valuepack/guide/integration/i003.html

  • 年額プランにしておき、
  • プレミアムサービスを解約する

という事みたいです、はい。

プレミアムサービスを解約しただけでは、年額プランの有効期限まで利用できますし、

その後はフリープラン(無料)に切り替わるだけです。

注意!

月額契約中で解約すると、すぐに解約になるので注意(どうしようか考える期間が欲しいときは年額プランに変更を!) 

事業者を削除しなければ、仕訳の閲覧などはできるので

「とりあえず」の対応策にはなると思います。

クラウド会計料金

ポイント

まずは、ご自身のプランを確認してみましょう。

フリープランでできないことは、仕訳データをCSVにエクスポート(吐き出す)ことはできないので

サービスを利用中の有効期限内に行うようにしておきましょう。

 

・新料金プランと差額

改めて、料金の比較を見てみましょう。

移行前 移行後
個人事業主向け ベーシックプラン

月額800円/年額8,800円

電話サポート付ベーシックプラン

月額なし/年額17,200円

パーソナルライト

月額1,280円/年額11,760円

パーソナル

月額2,480円/年額23,760円

パーソナルプラス

月額なし/年額35,760円

法人向け ライトプラン

月額1,980円/年額21,780円

ベーシックプラン

月額2,980円/年額32,780円

スモールビジネス

月額3,980円/年額35,760円

ビジネス

月額5,980円/年額59,760円

それぞれのプランの説明は、公式サイトにゆだねます。

 

・今後の対応策

有効期限を延ばしたなら、その期間中で「どうするか」を考えられますね。

  • 新プランへ移行して、ほかの請求書や給与のサービスを利用する
  • マネーフォワード クラウド会計・確定申告をやめる(他のサービスにする)
  • 公認メンバーから利用する

 

・使い続ける

お客様の中には、請求書便利なんだけど利用料が高いので、と

おっしゃる方もいらっしゃいます。

その際は、思い切って利用しつくしてしまうのも良いと思います。

 

・撤退する

一方、サービスからの撤退「やめてしまう」という選択もアリかと。

他のクラウド会計もありますし、

PCにインストールする会計ソフトもありますが、

移行が手間だし、面倒くさいというのも、そうなんですよね。

 

・公認メンバーから

または、私たち士業のうち「公認メンバーから利用する」と単体利用ができます。

マネーフォワード社では、「プラチナ」「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ(無料」というランクがあり、

シルバー以上は、プロダクトキーを購入できます。

マネーフォワード公認メンバー

プロダクトキーをお客様に「付与」することで、お客様は単体利用が可能となります。

 

当事務所では、導入当時からお客様に有料でお分けしていたので

今回のご連絡は少なくて済んだのですが、

個別にクレジットカードで利用されてらした方には、急いでご連絡いたしました。

 

・つぶやき

こういうサービスは、最初無料や、安くしておいて、

利便性を感じてもらえるようになると、有料していくというのが常です。

 

今後、値上げも考えられますし、

サービスが中止されることも多い、クラウドサービス。

 

私も、あるサービスを利用していたら、運営会社が変わり、その後有料へ。。。という流れになりました。

移行期間で考えて、ほかの会計ソフトをつかっていくのも一案でしょう。

 

クラウド会計は自動取得が便利なんですけどね。

値上げしないことを希望しつつ・・・

関連記事
クラウドサービス
クラウド会計ってどうなの? 3年使った感想

追記あり:2019年5月15日/   私は、クラウド会計(MFクラウド)を利用して、3年が経ちました。(もう3 ...

続きを見る

関連記事
領収書整理
記帳代行会社、スキャン記帳と税理士事務所の記帳代行について

更新日:2019年4月28日/   起業すると、給与計算や振込業務、請求書発行などお金の管理のほか 記帳という ...

続きを見る

--IT・ブログ
-, ,

Copyright© お金も心も満タンに!ブログPart2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.