女性税理士の「税金・仕訳・経理」の解説ブログ

お金も心も満タンに!ブログPart2

-労働・社会保険

個人で加入する「個人型」確定拠出年金について

投稿日:

確定拠出年金(DCといいます)は、2016年に加入範囲が広がり、
個人事業主でなくても、広く個人が加入できるようになりました。

【過去記事】 確定拠出年金とは? イデコ(iDeCo)とは?

確定拠出年金とは? イデコ(iDeCo)とは?

・確定拠出年金とは

自分の加入している年金制度のステータスに応じて、拠出金(掛金)の限度額内で、
毎月積立していき、その運用を自分で行い、その成果に応じ将来の年金給付額がきまる制度です。

たとえば、
個人事業主(国民年金加入者)は、月額68,000円が限度。

サラリーマンでも、会社に企業型DCがないときは、月額23,000円が限度。

会社に企業型DCがあるときは、月額20,000円が限度で、

また専業主婦のような第3号被保険者(社会保険の扶養者)

 

・税金のメリット

→払った時
毎月の掛金は、全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除)になります。
年末調整で控除が受けられます。

→年金受取時
運用した年金は、一時金と年金方式で受取れます。

一時金のときは、退職所得。
年金方式は、雑所得の公的年金扱い。

どちらも所得税の計算上、有利と言われている所得区分に該当します。

 

・注意点

掛金を払った時&年金をもらう時と税金メリットがある、確定拠出年金。
ただ、知っておくべき注意点もあります。

・60歳までは解約&払い出しはできない

掛金の変更は出来ますが、解約することはできません。

・手数料がかかる

加入時や口座管理手数料などがかかります。

・自分で決める

金融機関、証券会社など、ご自分で口座をひらくのですが、
手数料が安いところを選ぶとか、取扱い商品の多い所を選ぶとか、
口座開設するところから、自分で決めていく必要があります。

もちろん、どの商品に何パーセント購入するか、など運用して行きます。
それによって、老後にもらえる年金が変わってきます。

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
年金額が確定しないことが「デメリット」と言われるDCですが、自己破産してもこの財産は清算されないという
隠れメリットもあるんですよね~

--労働・社会保険
-, ,

Copyright© お金も心も満タンに!ブログPart2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.