労働保険 年度更新デス 仕訳と計上時期は?

保険

 

労働保険料は、4月1日から翌年3月31日までの1年間で計算します。労働保険とは、労災保険と雇用保険をまとめて呼ぶいい方です。申告・納付は始まっており、平成28年は7月11日までになっています。

 

 

・労働保険料の申告

労働保険料は、4月1日から翌年3月31日までの1年間の賃料の元に保険料を計算して、支払います。

・労災保険 ~ 全額事業者が負担する

・雇用保険 ~ 事業主と労働者で負担する

 

実際の支払・申告は、これからはじまる1年分の予定賃金を元に概算分を計算し、翌年度にその申告の精算します。つまり、前年度の確定保険料と当年度の概算保険料を1枚の申告書の中で計算します。

 

・損金計上時期は?

納付については、原則では第1期の期限(7月10日)で支払うのですが、概算保険料の額が40万円以上のときなど一定の時は、分割(10月31日と1月31日)で支払らうことができます。

その上で・・・法人の損金算入時期は以下です(基本通達9-3-3)

概算保険料部分 : 従業員の本人負担分は、立替金等で処理し、その他の部分は、申告書を提出した日または、納付した日の事業年度。

確定保険料部分 : 不足(納付)の時は、申告書を提出した日または、納付した日の事業年度。還付の時は、申告書を提出した日の事業年度

 

・仕訳は?

仕訳を入れるとき、労働保険の申告書を見る時のポイントは、概算保険料、確定保険料、労災保険、雇用保険を見つけることです。

仕訳というのは、正解が1つではないことが多く、この労働保険料の計上も、シンプルバージョン、しっかりバージョンとあります。

実務ぽさを無視して、理解いただくためにしっかりバージョンを紹介しておきます。

 

給与時:雇用保険分は預り金で処理(説明のため、金額は簡単にしています)

給与 100 / 預り金 5  雇用保険料

/ 預り金 10 社会保険料や所得税

/ 現金預金 85

 

保険料支払時 : 前提

平成27年度 概算保険料 :66,000 (昨年払ったもので、うち 20,000円が従業員負担分)

平成27年度 確定保険料 :70,000

平成27年度 一般拠出金 :100

平成28年度 概算保険料のうち雇用保険の従業員負担分※ :30,000

平成28年度 概算保険料のうち※をのぞく、事業者負担分 : 33,000

労働保険料として支払額:67,100

→ 預り金に計上している雇用保険料 平成27年4月分~平成28年3月分まで :15,000

 

平成27年度での 概算保険料を支払ったとき

(借方)立替金     20,000円 / (貸方)現金預金 66,000円

(借方)法定福利費  46,000円

※雇用保険料の従業員が負担する部分は、立替金としておきます。

 

平成28年度 年度更新の申告時

(借方)預り金     15,000円  / (貸方)現金預金  4,000円

(借方)法定福利費  9,000円  /  (貸方)立替金    20,000円

(借方)法定福利費   100円   /  (貸方)現金預金  63,100円

(借方)立替金     30,000円

(借方)法定福利費  33,000円

※平成27年度として、概算保険料は66,000円でしたが、確定して70,000円となしました。なので不足額が4,000円あります。

立替金としていた分を取り崩し、給与から預った分も取り崩します。

 

保険料の仕訳について、参考例を挙げました。詳しく書いた方が、逆に分かりやすいと思ったのですが、、、どうでしょうか?

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

堂本剛君のミニアルバムが発売になったのですが、先月ばたばたしてて買えてない・・・ ソロワークが終わったら、キンキ活動まってますよ!!

 

◆個別相談、税務顧問など お問い合わせは コ チ ラ

◆当事務所メルマガのご登録は コ チ ラ


↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ)  通称“セラピスト税理士”高卒日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。担当した業種は50以上。中には大物歌手も。幅広い経験と「お客様には愛情をもって」をモットーに、心をこめてサポートをさせて頂いております。運気や心理学、女性特有の悩みや経営相談には織り込んで行います!米国会計事務所に勤務経験があり、ビジネスを海外へ展開したい方へのご相談にも応じます 詳しいプロフィールはコチラ



◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。

?

☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。 にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 ←久しぶりに参加中