女性税理士の「税金・仕訳・経理」の解説ブログ

お金も心も満タンに!ブログPart2

年金手帳

-労働・社会保険

3月分より 健康保険料ほか料率の変更について

投稿日:

3月&4月は、健康保険料・雇用保険料の料率に注意して給与計算をする月です。

まずは3月「分」からの変更について確認します。

 

・協会健保の料率の改定

協会けんぽの保険料率は、平成21年9月より全国一律の保険料率から、各都道府県ごとの保険料率に変更されています。

そして、平成30年3月分(4月納付分)から健康保険料率、特定保険料率が変更のタイミングです。

各都道府県ごとに、「引下げ」「据え置き」「引上げ」とそれぞれなので、確認する必要があります。 http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3130/h29/290210
東京都の例: 改定前 9.91% → 改定後 9.90%(従業員負担 49.50/1,000)

特定保険料は、 3.73%→ 3.61%(従業員負担 18.050/1,000)

・介護保険料は?

介護保険の保険料率は、毎年見直しが行われます。

平成30年3月分からのものについては、1.65%から、1.57%へ変更になります。

→保険料は労使と折半です  1.57%(従業員負担 7.850/1,000)

・労働保険料は?

こちらは4月1日以降の変更になりますが、平成30年度の料率については、変更(引き下げ)のための案を国会提出中だそうです。

 

雇用保険料

平成29年度と同じ。据え置きの予定です。

案:一般の事業の場合、9/1000 (労働者負担は 3/1000 ・ 事業主負担は 6/1000)

労災保険料

改定の予定です。

ご参考→ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000188909.html

変更の決定は、ハローワークのサイトをご覧くださいませ。


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

イチローさんがマリナーズに復帰ときいて、テンション上がっております!!

--労働・社会保険
-,

Copyright© お金も心も満タンに!ブログPart2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.