レンタルCDの権利って?  久しぶりにCDをレンタルしてみた

L-300x219

 

最近では音楽をゆっくり楽しむ時間も少なくなり・・・(^▽^;)  何曲も入っている端末が寂しそうです。CDは、アルバムを購入するのがおおいですが、時々ダウンロードで購入しています。先日、久しぶりにレンタルしてみました。とすると、権利関係に興味がわくもので、そんなことを書いてみます。

 

・レンタルショップ店の減少

ところで、久しぶりにいったレンタルショップT。実に10年ぶりくらいかも~~! 10年もたつと、そもそも「CDレンタル店」が残っているのかさえ心配になりました。検索したらちゃんとあって、ほっとした。→店舗に行ってみて、面積が減っていたらどうしようかと思っていたけど、それもなくほっとした→在庫枚数がへっていたらどうしようかと思ったけど、それもなくほっとした、という感想でした。

 

レンタル業(貸レコード店)は、私の近所、三鷹市で学生が始めたものらしいです。それから「レンタルと権利」のバトルが始まり、裁判なんていつになったらおわるのだ!と政府をうごかしたそうな。そのすったもんだが終わった1990年あたりをピークに、減少しております。利用料が発生するようになったので、個人店は「やってられない!!」という結末になりました。

いや、いまでも、この商売が残っているほうがすごいなぁと思います。大手さん、がんばって!

 

・レンタルしても、メディアを購入しても使用料発生

貸レコードには「貸与権」と「報酬請求権」なるものが付与されています。

今でも業界は、CDのことでも「レコード」という言語で「ソレ」を表現していますので、平成の子には悪いけど、レコードとしますね。

レコードは、円盤(CD)に音源が固定された翌年の1月から50年保護されます。貸与権は、発売日から1年間、使用を認めたり、禁止できる権利です。

禁止、、、というくらいですから、オリコンランキングを意識する上位狙いのアーティストは、CDを買ってほしいのであれやこれやでプロモーションしますよね。発売日と同時にレンタルOKとしては、商売あがったりなので、邦楽のシングルは発売日から最長3日間、アルバムは発売日から最長3週間は、レンタルが禁止されています。

・貸与権:他人が無断でレンタルすることを止めることができる権利
・報酬請求権:他人がレンタルした時に使用料を請求できる権利

 

邦楽と洋楽とでは、使用料計算が異なりますが、レコード店から徴収した使用料を、各団体が徴収して、実演家、作詞・作曲家、レコード製作者へ配分します。

 

レンタルしたCD等は、CDROM、MD(←古い)などへ録音されたりしますよね?このようなメディアの代金に、実は使用料が含まれており、配分されるシステムです。

 

・1曲は5分以内で

以前、KinKi Kidsが合作で曲を依頼されたとき、事務所?からの発注は、「テンポは・・・、1曲5分以内・・・」というインタビュー記事がありました。

音楽の権利関係を扱うJASRACでは、1曲を5分以内として扱うということなのですが、きっと製作者は「5分」を意識して作っていると思います。

1曲が、たとえば5分3秒となると、使用料は2曲分となります。ただ、これによってCDが売れたときの使用料は変わらないのですが、曲数が変わってくるので、ほかの制作者との調整や、最低分配金額、分配手数料のかねあいでしょう。

 

達郎さん、この曲はぎりぎりOK!

IMG_6815-300x114

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

KinKi Kidsが作ったその曲は、Familyでしたーー!

 

この音楽権利は、著作権だけでなく、ほかの権利の名前や、関係団体が入りとても複雑です。

 

◆個別相談、税務顧問など お問い合わせは コ チ ラ

◆当事務所メルマガのご登録は コ チ ラ


↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ)  通称“セラピスト税理士”高卒日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。担当した業種は50以上。中には大物歌手も。幅広い経験と「お客様には愛情をもって」をモットーに、心をこめてサポートをさせて頂いております。運気や心理学、女性特有の悩みや経営相談には織り込んで行います!米国会計事務所に勤務経験があり、ビジネスを海外へ展開したい方へのご相談にも応じます 詳しいプロフィールはコチラ



◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。

?

☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。 にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 ←久しぶりに参加中