女性税理士の「税金・仕訳・経理」の解説ブログ

お金も心も満タンに!ブログPart2

埼玉西武ライオンズ優勝2019

-エンタテインメント

埼玉西武ライオンズ 2019年シーズン パ・リーグ優勝!

投稿日:

 

2019年9月24日。142試合目。

試合前では、残り試合2にして、マジック2。

・・・点灯したとはいえない数のマジック。

 

「ともしび」そんな言葉が浮かんでは、優勝を信じて応援する日々。

その「胃が痛い日々」から解放された嬉しい夜となりました。

 

ほんと、優勝したんだよね??

夢じゃないよね?

 

スポーツ紙を買い占め、秋の空を見てました(笑)

 

一度も首位を譲らず優勝した2018年。

シーズン前から、その強さを耳にしていました「今年は打線が良い」

その通り、山賊打線は792得点のすげえチームでした。

 

2019年シーズン。

「始まってみないと分からない」からスタートしたシーズンは、

先発ピッチャーがそろわず、苦しい幕開けとなりました。

開幕はヤフオクドームでソフトバンクに3連敗だったしw

 

 

順位争いは混戦していたとはいえ、

ライオンズは、貯金と借金を繰り返し、5割がやっとだったので、

今年は、球場周辺の改修で目標達成なのかも。。。。と思って正直優勝は諦めてました。

 

でもでも、「優勝」です。勝ちました。埼玉西武ライオンズ。

おめでとうございます。

ありがとうございます。

 

 

何で優勝できたんだろう。。。

「打力」って聞くけど、

去年の方が破壊力がある印象だったけどなぁ。

 

源田選手の守備力に加え、金子選手のレフトの守備が熱かったなぁ~

ぜひ、盗塁王も、ゴールデングラブをとってほしい。

 

足を使ってかき回して、

守備もうまい、

私が子供のころに見ていた、強いライオンズに近づいてきたような。

 

埼玉西武ライオンズ優勝2019

※出典 https://baseball-freak.com/

 

この表をみても、後半の追い上げがすごいです。

だからといって、2018年に比べて

打って打って打ちまくった印象も少ないので、

きっちり守って勝っていった、という感じでしょうか。

 

2018年は、優勝したとはいえ、「蚊帳の外」的な選手がいて、

理由はわからないのですが、優勝旅行に参加しなかった選手も多かったほど。

それが、今年はみんながすごい頑張ったシーズンだった気がしてます。

チーム20本塁打5人のクインテットが達成。

チーム20本塁打以上の選手が山川、中村、外崎、森に次いで5人目となった西武。パ・リーグでチーム20本塁打以上の選手が5人以上となるのは、2008年に西武の中村、ブラゼル、G.G.佐藤、中島、ボカチカが達成して以来11年ぶり7度目。2008年の西武はリーグ優勝を果たし、その後日本一に輝いている。

スタメン8人が規定打席達成とか。

シーズン途中で、けが人でスタメンが変わることもありましたが、

大きな離脱も、大きな連敗もなく、シーズン戦えたのがよかったのかも。

 

クライマックスシリーズを突破して、日本シリーズへ!

去年の忘れ物を取り返します!!

みんなで嬉しい優勝旅行に行ってほしいな。

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

現地応援は去年とちょっと少な目の20試合くらいでした。

久しぶりの甲子園、

はじめて行った、ほっともっとフィールド神戸、名古屋ドームも楽しかった。

ZOZOマリンスタジアムもいけたし。

南郷キャンプも行ってこれた。

 

来年はもっと遠征してみようかな??

--エンタテインメント
-,

Copyright© お金も心も満タンに!ブログPart2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.