女性税理士の「税金・仕訳・経理」の解説ブログ

お金も心も満タンに!ブログPart2

資本金仕訳 マネーフォワード

-開業・起業・設立

法人設立した時 資本金の仕訳

投稿日:2019年8月13日 更新日:

 

会社を設立したとき、会計ソフトに入力する時の

資本金の仕訳の入力方法です。

 

 

・資本金の仕訳例

会社設立したときの資本金が100万円だったとします。

出資者の方の個人口座に資金を準備して、通帳コピーを印刷して法務局に提出して会社を作るんで

会社設立時には、必ず資本金があるはずですね。

 

(借方)  /  (貸方)

普通預金 100万円/ 資本金 100万円

 

という仕訳をいれて、会計ソフトをスタートします。

 

→後半に別例あり

 

 

・資本金の行方

会社を作るときは、「個人名義口座」に資本金があることを確認してから設立なのですが、

設立後、バタバタ経営していると銀行口座を作るときには、

そんな預金ない、使ってしまった、ということも。

 

ただ、設立時には資本金があったわけですので、

上記の資本金を計上する仕訳は必ず入力します。

 

例:9月1日会社設立 資本金 100万円

9月1日(借方)  /  (貸方)

普通預金 100万円/ 資本金 100万円

 

 

・別段預金という考え

むかーーし昔は、銀行に資本金を預け、証明書を発行してもらって会社設立という流れがありました。

ちゃんとした普通預金などの口座ではないし、預け金という意味合いで

私が簿記学校に通っていた時は、

 

(借方)  /  (貸方)

別段預金 100万円/ 資本金 100万円

 

このような仕訳でした。

今は、証明書発行の手順はなくなったので、別段預金は使っていませんが、

私は、

 

(借方)  /  (貸方)

その他の預金 100万円/ 資本金 100万円

 

という仕訳にしています。

その後、法人名義で口座を作ったら、「普通預金」の勘定科目へ振替仕訳をするようにしています。

 

資本金仕訳 マネーフォワード

 

資金の流れを丁寧に仕訳にいれる。

せっかく税理士に依頼いただいたときは、効率化も考えつつ、お客様の入力はそんなご案内をしています。

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ZOZOマリンへ野球観戦へ。

現地観戦で勝てたのは久しぶりでした!

しかし暑かったわ

 

 

ZOZOマリンスタジアム

--開業・起業・設立
-,

Copyright© お金も心も満タンに!ブログPart2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.