女性税理士の「税金・仕訳・経理」の解説ブログ

お金も心も満タンに!ブログPart2

Macbook applecare+

-税金の話題

Mac Book Pro購入! AppleCare+と減価償却

投稿日:

 

人生初めてのアップル製品ではないですが、

パソコンは、Windowsオンリーだったので、

初めてのMac パソコンを買いました。

 

買って2か月。まだ慣れずにいますwww

 

・ファイルはどこに保存されているの?

・そもそも保存したのか、するのかも分からない

・ソフトを立ち上げた感覚がない など。

 

慣れてないのですが、パソコン自体の操作性は気に入ってます。

徐々に使い慣れしていきます。

 

さてさて、

購入と一緒に加入した「AppleCare+」

Macの価格とAppleCare+を合計すると30万円を超えることも。

 

この場合の取得価額/減価償却費の計算は??

 

取得価格については、国税庁ホームページには以下のように書かれています。

購入した減価償却資産の取得価額には、原則として、その資産の購入代価とその資産を事業の用に供するために直接要した費用が含まれます。また、引取運賃、荷役費、運送保険料、購入手数料、関税などその資産の購入のために要した費用も含まれます。

 

 

AppleCare+は、購入して使うために絶対に必要なものではないかもしれませんが、

・原則、購入時にのみ加入できる点

・私のような操作のフォローが必要で加入した

などを考えると、

取得価格に含めるのが妥当そうです。

 

保守料金?保険?だから別に計上していいんでは?という声も聞こえますが、

 

AppleCare+は、

AppleCare+ for Macに加入すると、保証とサポートがAppleCare+の購入日から3年間に延長されます。

というのをみると、AppleCare+ 分は購入時にすべて経費とはいいにくく、

3年間で月割計算が必要では?

 

前払費用は、等質等量のサービスという条件をきくので

「前払費用」の扱いも違うような気がするのですが、

取得価格にふくめ、減価償却費として計上するのが好ましいといえるのではないでしょうか。

 

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

慣れない操作や知らない言葉。「分からない」という体験をすると、

お客様にもわかりやすさをもっと追求しなくては、という気持ちになります。

--税金の話題
-,

Copyright© お金も心も満タンに!ブログPart2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.