女性税理士の「税金・仕訳・経理」の解説ブログ

お金も心も満タンに!ブログPart2

ドルとポイントカード

-仕訳・会計入力

海外出張の業務精算 使う為替レートと精算方法

投稿日:2015年6月28日 更新日:

更新済み:2019年4月29日/

海外出張時の経費精算に使うレートを解説します!ちなみに画像ですが、私がニューヨークに行くときに財布に入れていく最低限です。キャッシュカードがあるので、20ドル紙幣数枚と25セントコインがあれば、現地でお金をおろして活動します。アメリカではポイントカードより、ミニカード(裏にバーコード)が多く、買う時に割引をもらいます。

 

どんな為替レートがあるか

為替レートには、TTS、TTB、TTMという3つがあります。

TTS(例 :1ドル=101円) ~ 売値 Telegraphic Transfer Sellingの略です。銀行さんが私たちに外貨を売る時に使うので、sell(売る)です。逆にいえば、私がたちが買う時のレートです。

TTB(例 :1ドル=99円) ~ 買値 Telegraphic Transfer Buyingの略です。銀行さんが私たちから外貨を買う時に使うので、Buy(買う)です。逆にいえば、私がたちが売る時のレートです。

TTM(例 :1ドル=100円) ~ Telegraphic Transfer Middleの略です。仲値(なかね)と呼んでいて、銀行が私たちと為替取引をする時の基準レートです。

 

日本の空港で替えるのがレートがいいのか、現地に行くのがいいのか予想しながら替えていきます。クレジットカードの換算レートは、各社独自のレートが(手数料込)あります。

 

出張の精算方法

「海外出張 業務精算書」のようなものを使って、レシート・領収書などを添付して会社に出しますよね?

原則は、発生日のTTM(仲値)を使うのですが、社内ルールなどで決まっていればそれに従います。

実際の流れだと、空港で外貨に替え(TTS)、それで現地で支払すると思うので、両替時のレートも使えますよね。クレジットカードだと、日本での引落金額を使いたいところ。

これらを証明するために、為替交換所の明細、現地での領収書、クレジットカード明細が必要です。日本のようにレシートがでる国でもないかもしれないし、チップ代とかはレシートないけど必要なものなので、そこは忘れずにメモしておいて精算するようにしましょう。会社の精算基準にも従わないと・・・です!

 

 

レートの入手方法

各金融機関のサイトに行けば、公表していますのでそれを使うといいです。

私が好きなのは、オアンダ http://www.oanda.com/

数年前の過去のレートだと、三菱UFJさんのサイトにあります。年間平均レートもあるので便利です。

また、「三菱UFJ銀行Eメール配信サービス」でメルマガを登録して受信しているので、

メールボックスには2009年からの日々の為替レートお知らせメールが入っています。こちらやっておくと便利ですよ♪

 

 

関連記事
飛行機
「国際観光旅客税」について 経費になるか

ご存知ですか? 「国際観光旅客税」という新たな税金ができました。 ※エアライン同好会に片手入っているので、飛行機の画像は ...

続きを見る

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

最近見たい映画「ビリギャル」 見た友人の感想は「受かったのは母の愛情」だよと。

ほうほう。。。そこでこちらの本を思い出しました。

親が過干渉になるのもよくないし、、、じゃ、具体的にはどうしたらいいの?というのが、レンタビュー等で解説も加わり読みやすい本でした。当然ですけど、父親のかかわりも大事ですよね。親も子も「見放す」ではなく「見守る」状態であるのがいいと思います。

--仕訳・会計入力
-

Copyright© お金も心も満タンに!ブログPart2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.