女性税理士の「税金・仕訳・経理」の解説ブログ

お金も心も満タンに!ブログPart2

america

-米国・国際税務・海外

アメリカ大使館へ サインを書いてきました

投稿日:

 

アメリカ大使館へ行ってきました。

 

今回は、とある書類に面前でサインをして証明してもらい、

そのあとアメリカに郵送します。

「アメリカ市民サービス」に該当し、「公証(ノータリー)」というものです。

 

今後、アメリカでの税務申告、相続などで必要なこともあるかもしれません。

銀行との取引でサインが必要かもしれません。

経験をメモ代わりで記しておきます。

 

・予約

事前に予約をしておき、その予約のメールを印刷して持参します。

以前は予約用のサイトがあった記憶ですが、最近は個別メールです。

ホームページをみて、必要事項を書いて予約しますが、

どんな書類にサインが必要か、など書いておく方がスムーズと思います。

 

アメリカ大使館。建物を撮影することはできず、

大使館側の歩道には警察官がいますので、すぐに何の用ですか?と聞かれますので

予約プリントが大事になります。

 

今回は急に必要になったので、

その旨を伝え、予約を入れさせていただきました。

 

・訪問

溜池山王駅、14番出口。

赤坂インターシティAIRの地下からすぐです。

ANA

時間によっては、レストラン・カフェも楽しめちゃいます(笑)

私は、10年前?アメリカ大使館に行った時、

ビザでめちゃくちゃ混雑していたのを見たので、

セキュリティ突破に時間がかかるという記憶があるため、

早く行ってしまう癖があります。

(中で待っていればいいや的な)

 

予約のプリントを提示し

パスポートも提示し、

セキュリティチェックを進んでいきます。

 

・公証(ノータリー)

呼ばれて、書類やサインの場所、パスポートの確認をされます。

サインが必要な書類というのは、その前後に関係書類があるはずなので

それもまとめて用意します。

(ホチキス止めしておいたら、セットしてくれました

→これで有効性、証明度合いが高まります)

 

書類確認が終わると、先に支払を済ませてくるように言われます。

1通50ドル。私は2か所したので100ドル払いました。

クレジットカードもデビットカードも現金もOK。

 

私は、現地の銀行口座から引き落とされるデビットカードを持参したのですが、

終わってから思ったのは、ドル紙幣でもよかったかもなぁ。。。

 

レシートを再度窓口に提出して、少し待つと

サインを書くために呼ばれます。

 

ほぼ英語を話すことはなかったので、ほっとしました(笑)

終わってみればあっという間なのですが、

予約取ったり、セキュリティ突破など、緊張が走ります。

 

・コロナの影響

さて、、、アメリカ大使館内に足を踏み入れるってことは、

アメリカ国内に入るようなわけですよねぇ。

 

病院などで聞かれるコロナ関係のアンケート

・風邪の症状がある方

・37.5度以上ある方

・強いだるさや息苦しさがある方 など

 

こういう文面見ることありますよね?

そこにある

過去14日以内に政府から入国制限されている、または入国後の観察期間を必要とされている国・地域などへの渡航並びに当該在住者との濃厚接触がある方

コレ!!!

行ったことになるのかな??

ちなみに、「濃厚接触」とは、

「1メートル以内を目安に、感染予防策なしで15分以上接触した人」

となっているようなので、濃厚接触には該当してないのですが。

滞在時間は、15分程度。

もともとパーテーションもあるし、マスクもしていたのですが、

体調管理は引き続き気をつけていきますーー!

 

--米国・国際税務・海外
-

Copyright© お金も心も満タンに!ブログPart2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.