確定申告の解説書 現る!?

 

税理士の松波先生が、個人むけに確定申告をテーマに本をお書きになりました。

 

(先生は、さいたま新都心税理士法人さんの代表ということで、埼玉西武ライオンズを添えてみました)

全体的に先生のお人柄なのか、まろやかさがあふれているのですが、

言うべきことはいう!という印象を受けました。

 

裁判例や法令、または税務調査のご経験から

わかりやすく例を挙げて書かれているため、

確定申告について、理解を深められる一冊になると思います。

 

よく質問をうける

「自宅家賃は経費になりますか??」

 

こちらについて、

国税庁ホームページの「やさしい必要経費の知識」には、

個人の業務においては一つの支出が家事上と業務上の両方にかかわりがある費用(家事関連費といいます)となるものがあります。
(例)交際費、接待費、地代、家賃、水道光熱費

この家事関連費のうち必要経費になるのは、取引の記録などに基づいて、業務遂行上直接必要であったことが明らかに区分できる場合のその区分できる金額に限られます。

とあります。

自宅と仕事場(店舗)が一緒になっているような空間を経費にするときは「家事関連費」といい、分ける作業が必要です。

パーセント(割合)で案分するのは容認されているとはいえ、明らかに区分とあるので、

「二部屋あって1つは仕事用だから、家賃の半分」のようなざっくりではNGです。

 

そのあたり、事例を詳しく、

他にも ふるさと納税は節税にはならない、その仕組みなども書かれております。

確定申告初心者の方から、慣れている方まで、知識が深められると思います。

 

おススメの一冊です!!


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京は雪。

飛行機乗る予定があるのですが、インフルエンザ壁の次は雪です、ハイ。

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??

関連記事

  1. 住民税が高いんですけど・・・ うちの自治体が高い?

  2. NISA創設から3年 保有期間とか口座を気にする作業

  3. フリーランス 源泉徴収されている時の確定申告書 書き方

  4. 特殊な扶養控除!? 姻族関係終了届をだしたら?

  5. 現金主義の特例 その経理について

  6. 派遣の自腹交通費 必要経費になりますか?特定支出控除について

  7. 青色申告特別控除 65万円 引き下げへ

  8. 骨髄移植の奨励金