東京・渋谷区 ふるさと納税 控除ミス

東京都渋谷区で、ふるさと納税の控除がもれていたようで

4278人分 総額約3億6400万円分、

住民税を多く請求していたとのこと。

対象は「ワンストップ特例」の利用者について、引継ぎミスらしいです。

5月10日、特別徴収義務者(会社等)へ、平成30年度特別徴収を通知書を発送する直前に判明したとのことです。

渋谷区では

6月分の納税額は訂正が間に合わないため、今後、7月から翌年5月までの税額を調整し、年間の税額が正しい額となる税額変更通知書を作成し、5月29日に送付させていただきます。

 

特別徴収義務者へは、平成30年度の住民税額が自治体から通知書が送られてきます。
それを 6月分から来年5月まで徴収します。

6月はいずれも、通知書のまま、実務を行っていいようですね。

さて、住民税は、所得税の計算データを元に計算を行います。

最近確定申告で提出したのは 「平成29年分」 の個人所得のもの。

これをもとに住民税を計算すると 「平成30年度」 と名前が変わります。

 

ニュースサイトで見たのですが、2017年度と書いてあったので、ん?って思ったのですが、渋谷区のサイトから、記事は間違っていると判明しました。


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ライオンズ、連敗ストップにほっとしています♪

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??

関連記事

  1. 給与

    年末調整やり直し 結婚、離婚等での再調整について

  2. 退職金を支払う時の税金と手続き

  3. 年末調整とマイナンバー 用紙の意味は?

  4. 夫婦

    年末調整の不足額と配偶者控除

  5. 配偶者控除の新しい基準 控除額と定義

  6. 給与計算と源泉所得税の計算 月額表と電算機特例

  7. 個人番号(マイナンバー) 変わった点

  8. 3月分より けんぽの健康保険料ほか料率の変更について