モデルへの支払 源泉徴収は?

会社がホームページなどのPR活動に「モデル」を依頼することがあります。
この報酬には、源泉徴収は必要でしょうか?

 

・モデル報酬は源泉徴収の対象

はい、源泉徴収の対象です!

たとえそれが、「モデル料はボランティアだけど、交通費だけ払う」なんてのも

その交通費は報酬の一部でしょ?という意味で、源泉徴収対象となります。

国税庁のタックスアンサーにも

プロ野球選手、プロサッカーの選手、プロテニスの選手、モデルや外交員などに支払う報酬・料金

源泉徴収の対象範囲に含められています。

 

・そもそもモデルとは??

モデルといえば、まず

ファッションモデル等の報酬・料金

でしょうか~

ほかにも、

雑誌、広告その他の印刷物にその容姿を掲載させることにより支払われる報酬・料金を含む

としています。

印刷物ではないから、源泉徴収の対象とならない?と思うのはちがいます。

 

・税額の計算

報酬(基本、消費税込)に対して、×10.21% をかけて税額を計算します。

ただし、100 万円を超える場合には、その超える部分については、 20.42%になります。

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
改めて「復興特別所得税額」は、平成49年までかかります。あと19年か・・・

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??