国民年金保険料 前納制度と口座振替ができなかった時

国民年金の前納制度

 

保険

国民年金の保険料は、毎月払いと1年前納という方法のほかに、平成26年4月から2年前納が始まりました。

「2年前納」を希望すると、毎月納付する場合に比べ、2年間で15,000円程度の割引になります。

毎月の保険料 15,590円
1年前納 183,160円
2年前納 366,840円

(例)平成27年4月における2年前納の割引額は、15,360円になります。
27年度保険料15,590円×12カ月+28年度保険料16,260円×12カ月=382,200円
→382,200円-15,360円=366,840円

希望者は、「前納による口座振替」と「前納の申込」を2月末までに行い、4月末に引落になります。

 

口座振替できなかった場合

実はワタクシ、残高不足で口座振替ができませんでした(大汗)→今度どうなるのか大慌てで、調べました!

独自の調査によると、次の振替日(2年前納、1年前納の場合は翌年4月末)までの間、割引が無い翌月末振替になるとのこと。

もともと1年前納をしておりましたが、2年前納の口座振替ができなかったため、来年の4月末まで毎月末の口座振替なのかと理解してました。

しかし本日、前納の納付書が届きまして「1年前納」ができるようです。ほっ
同じ保険料を払うのなら、割引があるほうが嬉しいですから!

5/28追記:届いた納付書は、少し割引のある11か月分の納付書でした。翌日4月分(5月末)は口座振替が行われます。

同封の納付書で5月末(6月1日)まで納め、来年の4月には2年前納のチャンスが待っている、、という訳です。

所得税:社会保険料控除の金額

おさらいですが、社会保険料控除の計算方法についてまとめておきます。

・納めた全額控除する方法

・各年分の保険料に相当する額を各年に控除する方法

があります。

控除証明書には、納付した全額が書いてますので、各年分の保険料に相当する額を控除する方式をとる方は、社会保険料(国民年金保険料)控除額内訳明細書が必要です。

 

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??