女性税理士の「税金・仕訳・経理」の解説ブログ

お金も心も満タンに!ブログPart2

-法人税・消費税

動いてない会社がある 休眠会社の申告

投稿日:2016年3月23日 更新日:

 

会社を作ったけど思ったように動いてないとか、事情があって一時的に経営出来ない、子会社を整理したけどそのままにしておくときなど、、どうしたら良いでしょうか?

 

・休眠会社とは

一般的には 営業活動をしていない会社のことをいいます。登記上は残っている状態です。
なので活動をしているけど、売上がたたないというような会社は違いますよね~

ちなみに会社法では、株式会社について最後に登記があった日から12年が経過すると休眠会社となって、その後もそのまま眠ったままだと法務大臣の判断で「解散登記」をされてしまいます。

 

・法人税 青色申告の取り消し

2期連続して法人税の確定申告書を期限内に提出しないと、税務署から「青色申告の取り消し」の通知が届くことになります。

それにより、赤字の繰越を使えなくなります。赤字の繰越(欠損金の繰越控除)は、改正により10年になりましたが、休眠前の欠損金を今後も利用する予定があるときには、毎期税務申告書の提出が必要になります。

青色申告を復活させることもできますが時間がかかりますので、毎年提出しておく方が良いでしょう。

※税務署へ「休眠する旨」届けをします。

 

・地方税の均等割

都道府県税事務所、市町村役所へも「休眠」の届けが必要です。

赤字でも支払う税金の「均等割」ですが、これも納税することになっていますので、申告納税をすることになりますが、自治体によって取り扱いが変わることもありますので、確認すると良いでしょう。

 

・役員の改選登記

休眠中でも、定款に定められている期間ごとに役員・監査役の改選をする必要があります。

 

 

会社を作るにもお金がかかりますし、解散・清算という作業も一定のルールに従い行い&お金がかかります。
折角作ったのだから、いつか・・・に日のために 「ちゃんと休眠」させておいてもいいですよね。
次に再出発するときには、社名や事業内容を変えてスタートさせることも出来ますよ!

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

咲きかけの桜を見ながら食事をしてきました♪ 桜、楽しみです~

食べ物

 

--法人税・消費税
-, ,

Copyright© お金も心も満タンに!ブログPart2 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.