会社設立のメリットは? デメリットは?

会社を設立し起業するかた、

個人事業から会社組織に(法人なり)するかた、

理由はさまざまですが、

一方で「個人事業に戻る」方も増えています。

改めて、会社設立のメリット・デメリットを探します。

 

・節税のメリット

「会社作ると節税になる」 そのように思っている方は多いようです。

 

売上ー経費=利益 

基本「利益」に対して、所得税も法人税も課税されますが、

所得税と法人税の税率の構造から、法人税が安いと言われていることと、

「利益」を給与に変えた時に、「給与所得控除額」が使える点から、

節税効果があるといわれています。

 

・社会保険料負担のデメリット

「節税」の「税」部分を、所得税・住民税と考えるならケースによっては節税になることも。

ただ、会社になると「社会保険」に加入しなければならず、その保険料負担が重いと実感する経営者さんが多いです。

 

たとえば、年間給与480万円として、12月で割ると月給与40万円

40万円の給与から天引きする社会保険料は61,028円(介護保険あり。東京、平成30年4月分~)

この保険料は個人の負担分ですので、

同額プラスちょっとの額(123,246円)を会社が支払います。

つまり、倍の金額が出金されていきます。

ひとり社長の経営ケース

自分の給与に対して、社会保険料を払い、

それに加えて、会社としても社会保険料を負担するので、

保険料の負担が重いと感じる経営者さんが多いです。

 

社会保険に加入してない会社さんも多かったのですが、

最近はかなり加入を強化しており、そこで法人のメリットを再確認し、

法人から個人事業へもどる事業者さんは多くなったな~という印象です。

 

・定額給与について

法人の役員(社長)は、事業年度の始めの方に年間の給与を決めます。
その金額を毎月支給をうけることになります。

それがいいか、悪いか(という言葉が正しいかは別で)は、経営者さんの価値観によります。

・個人事業の時は、個人のお金と事業のお金の区分がしにくいので、給与がもらえるのは嬉しい

・定額の給与がもらえるので、安定した生活を設計できる

一方で

・がんばって働いて、大きな仕事をとっても、給与が定額なのが残念

・不安定な事業なので、給与を決めるのが大変

など。。

 

・手数料が高い

会社組織は、信用を得られると言われています。

組織として、継続して事業を運営していくという姿勢が「責任」となって、評価されているんだと考えます。

 

一方で、いろんな手数料がかかります。

個人事業では無料で使えていたサービスも、法人になると有料になったり、料金が上がったりします。

 

確定申告書も、個人事業であればご自身で作成できていたかもしれませんが、

法人の確定申告書は、枚数も多くてちょっと複雑!?

税理士に依頼する必要があったりと、出費(経費)が増えます。

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

節税以外の「会社組織にする必要がある!!」という理由がないと

出費の多さに嫌気がさして休眠に・・・というモッタイナイこともありますので、

いろいろな方に聞いてから会社を作るといいです。

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??