決算期(決算日)の変更方法について

 

会社を作ったとき、あまり考えずに決算期を決めたけど、変えたいな~と思ったときはどうしたらいいですか?

・事業年度とは

会社は永久に経営を続けることが前提です。そうすると、何かしらの方法で区切らないと企業の利益が計算できません。それは個人事業も同じですが、個人事業は1月1日~12月31日までと決められています。一方、法人はそのために「決算期」をきめるのですが、いつにするかは、法人の自由です。

法人税では1年を超える事業年度は認められません。なので、どこかで区切る必要があります。

通常は、1年ごとに決算を行い、その区切りとするのが「決算日」です。

ちなみに、「事業年度」も「営業年度」も同じ意味です。営業年度は(旧)商法での言い方でした。

 

・株主総会を開く

会社は、定款に事業年度を定めているケースが一般的。この定められた事業年度を変更するときには、株主総会を開き、株主からの承認をもらうことで変更が可能です。期の途中で決めるときには、臨時株主総会を開催します。

変更を(臨時)株主総会で承認されましたら、議事録にそのことを残しておきます。

 

・税務署に届け出る

会社の事業年度は、登記簿に記載されていないので、法務局へ届け出る必要はありません。(登記は不要です)

しかし税務署と、地方税申告をするところ(都税事務所・地区町村など)へは、異動届(変更届)を提出します。

具体的には、事業年度が 3月31日から8月31日と 記載することになります。届出の際には「何か証明するものを添付してください!」とされますので、議事録のコピーや、変更後の定款のコピーなどを提出します。

変更は、「遅滞なく」変更届を出すことになります。期日は決まってませんが、法人税の申告書の提出期限がかわります。早めに出すことがいいでしょう。

 

・事業年度か変わったら

事業年度が変わると注意することとしては、上記も書きましたが

・申告書の提出期限

・減価償却費、繰延資産などの計算期間

・交際費など、事業年度1年をもとに限度額を定めているもの

・地方税 均等割計算期間

・消費税の課税売上高の計算

など・・・ どうぞ計算の際にはご注意くださいませ。

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

やっとKinKi Kidsのシングル発売が発表になりました。

吉井さんらしい?独特の曲調です。テンポがいいので踊ってくれるかな?踊ってほしいな~

 

 

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??