国税 クレジットカード納付改正へ

 

所得税の確定申告が終わりましたが、申告書の作成と納税って作業としては別。申告書作り終わって、やった~~!と終わらないで、納付する作業も待っていますよ!

これがクレジットカードで終われると、銀行に並ばないのでいいので便利だと思います。

 

・改正で創設された

昨年末の税制改正案に追加されたのがこれ。「国税については所要の法改正等を経て平成29年からインターネット上でのクレジットカードによる納付を可能とする。」

あと少しで可能になります!

方法としては、e-taxや国税庁のホームページから手続きできるようになるのだと思います。

もちろん気になるのは、手数料。やはり納税者負担だそうですw

 

・いつに納付?

税金って、納付が遅れると「延滞税」「加算税」がかかります。

この計算では、いつに納付したものをするか。を考えるので、もしも納付したものがカード決済できないと、罰金がかかってくるのですが、現在の案では、

納税者がクレジットカード会社(納付受託者)に納付手続を委託し、クレジットカード会社(納付受託者)がその納付手続を受託(与信審査了)した日に国税の納付があったものとみなして、利子税・延滞税等を適用。

となるらしいです。

年末ごろにまた発表されると思うので、注意しておきます~~♪

 

・そもそも国税って?

国税って、所得税(源泉所得税)、法人税、消費税、印紙税、相続税、贈与税など。

改正案には、税目についてはかいてないのですが、申告&納付するものが対象になるのかな?と思いますが、こちらもどんな運用になるか発表を待ちたいです。

 

 

【参考】所得税・法人税をクレジットカードで支払えるか

所得税・法人税をクレジットカードで支払えるか

 

 

【参考】クレジットカードで税金納付

クレジットカードで税金納付

 

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

友人税理士と思いがけず「確定申告の打ち上げ」ができました。

またがんばろう~と決意を新たにしてきました。

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??