税込?税抜? 課税売上高とは

消費税

 

消費税の課税事業者になった!又は1000万円の売上を超えそうだ!!となったとき、気になるのが「課税売上高」その確認の方法です。

 

・課税売上高とは

消費税が課税される取引、、、多くは売上金額と、輸出取引などの免税売上金額の合計額です。
ただ、返品、値引きや割戻し等に係る金額がある場合には控除した残額をいいます。

消費税が課税される取引としては、次の 4 つの要件を全て満たす取引で

1. 国内において行う取引(国内取引)であること

2. 事業者が事業として行う取引であること

3. 対価を得て行う取引であること

4. 資産の譲渡、資産の貸付け又は役務の提供であること

の要件を満たすものです。

 

・基準期間の課税売上高とは

 

消費税

基準期間で免税事業者であった時、基準期間における課税売上高を計算するにあたっては税抜処理をする必要はないです。税込で考えます。

これは、その基準期間中の課税資産の譲渡等には、消費税が課されていなからということなのですが、、、なんか個人的には違和感があります(笑)

一方、課税事務者であれば、税抜き判定等を行います。

図のケース(例)ですと、H27年分の基準期間はH25年分。H25年は免税事業者とすると、基準期間の課税売上高は税込の金額を使います。

 

・当課税期間の課税売上高とは

これから消費税を納めようと計算している事業年度・年分は、課税事業者であるので「税抜」で考えます。

いやいや、ややこしいですね。

1000万円の課税売上を行ったり来たりしている事業者さんは、ここは税抜判定できる、できないをしっかりと管理していかないとダメなので大変です。

 

・マネーフォワードの消費税機能

 

消費税

マネーフォワードさんのMFクラウト゛では消費税の申告までは(現状)できないのですよねぇ

補助資料ということで、確認することができます。

取引がちゃんと入力されているという前提ですが、「税区分集計表」を開くと数字が見やすいと思います。

右の合計欄より、税抜、税込から課税売上高を確認ください。

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

仕事終わりに都内にある温泉に行ってきました。ぬるめのお湯にゆっくり浸かり、サウナとマッサージチェアまで(笑)カラスの行水程度だったのですが、温泉パワーで思った以上に疲労回復できました!これで、またいいお仕事ができますわ(祈)

 

◆個別相談、税務顧問など お問い合わせは コ チ ラ

◆当事務所メルマガのご登録は コ チ ラ


↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ)  通称“セラピスト税理士”高卒日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。担当した業種は50以上。中には大物歌手も。幅広い経験と「お客様には愛情をもって」をモットーに、心をこめてサポートをさせて頂いております。運気や心理学、女性特有の悩みや経営相談には織り込んで行います!米国会計事務所に勤務経験があり、ビジネスを海外へ展開したい方へのご相談にも応じます 詳しいプロフィールはコチラ



◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。

?

☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。 にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 ←久しぶりに参加中