会計ソフト 収支を管理する方法

 

会計ソフトを導入した時や操作がわかってくると、損益をいろいろ管理したい!!という希望が湧いてきませんか??今回はその操作を考えてみようと思います。

 

・勘定科目・補助科目で売上を管理する

「売上高」に、商品売上や、サービス売上などといろんな売上を含めてしまうと、見やすい反面、どの売り上げが良いのか・だめなのかがわかりにくい。

たとえば、飲食店なら、食事分やドリンク販売を分けてみてみたい、お土産品など物販があれば、店内飲食と物販分とわけて売上を見たい、宴会は分けておきたいなどという経営者さんもいるでしょう。

この場合「売上高」について、勘定科目で分けて仕訳を行うと、その数字が見れるようになります。

例:売上高 → 売上高・飲食、 売上高・商品 として分ける

または、補助科目で分けるというのも可能です。

「売上高」のなかに補助科目として、ぶら下げるイメージです。

クラウド会計

 

・部門別で管理する

たとえば、支店があるとき、営業A部門と営業B部門を分けたいときに部門別という管理の仕方もあります。

ただ、管理部門の人件費をどちらにつけるのかなどと、入力の段階で「ん~ん」と悩むことがある時には、入力時の効率が悪くなります。

簡単な部門管理方法は、

BS科目は、共通など部門管理をしない

PL科目について、「A部門」「B部門」など、どちらか悩むような会社共通のものは、「管理」などに集約するなどルールを作っておく。

部門管理は、税理士も入力の手間が増えるので、お勧めしない入力方法ではありますが、1社内で全然ちがう業種を2つしているときなどは、使ってみてもいいかもです。

 

・摘要欄、タグで管理する

摘要欄には、支払先、内容など入力するのですが、摘要の後半などに「A部門」「B部門」などと入れておいて、あとで仕訳の検索をするというのも、良いのかもしれませんね。

クラウド会計

 

マネーフォワードでは、「タグ」というのが使えます。

部門別にはそぐわない、Aプロジェクト、Bプロジェクトなど、入力時に入れておいて、後でタグ検索→CSVでファイルを吐き出す・・・などとすると簡易な損益は見れますね。

検索することを想定するときには、大文字・小文字の別は、社内ルールをしっかりと決めておきましょう。

いずれにしても、入力の手間はちょっと増えます。科目などは細かくしすぎないで、、でも管理できるような会計ソフトの使い方をされるといいですね!

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

あっという間に2月がくるーーーという感じです。繁忙期がひと段落つくと、春の香りがして、もう一つの山を越えると夏になるというこの業界。

適当に息抜きしながら、追い込んでいくぞーー!温泉行きたい♪

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??