クラウド会計

当事務所は、クラウド会計 マネーフォワードの公認メンバーです。

クラウド会計を使って、決算、顧問などを行っています

クラウド会計って??

どのようなソフトがお勧めですか?とご質問されます。

最近は、クラウド会計というネット上にデータを置いておき、

インターネットに接続しながら会計入力をするというのが増えてきました。
私も操作していますが、お客様との連携がしやすいのでおすすめしております。

といいますのも、通常は、お客様のパソコンの中にデータがあり、税理士が見たいと思う時は、
同じ会計ソフトをこちらもインストールし、データを頂いて確認するという流れです。

お客様に訂正を入れてもらう→再度データを送って頂く→確認する

または、

私が訂正を入力する→その間、入力を止めていて頂く→訂正したデータをおくり、お客様の方のデータを上書きして頂く

というように、ちょっとした手間がかかります。

しかしクラウド会計は、

  • 同時に入力できますし、
  • 「科目が分からない時には、仮払金にしておいてください」とか
  • 「仕訳登録前のデータを、該当科目に振り替えておきますね!」とか
  • 「あまり使っていない科目があるので、××科目に変更しておきますね!」とか
    連携がしやすいのです!

個人であれば青色決算書までお客様ともに完成することができます。

 

また、クレジットカードを使う方や、ネットバンキングを使っている方は
データの読み込みができて、入力の手間が減るというメリットもあります。

 

良い事ばかり?のクラウド会計にもデメリットもあります。
会計ソフトは購入代だけで、しばらく使えるメリットがありますが、クラウド会計は年間利用料がかかります。

※保守に入らずも最新の機能が使えるのはクラウド会計の良さともいえます。

インターネットが使えない事情が生じた時には、もちろん使えませんが、
ご自身でも入力データをダウンロードできますので、バックアップはとっておくようにしましょう。

まだまだ日本での浸透率は低いのですが、
クラウドサービスを上手に使い業務の効率化を図り、
試算表が早くみれるような体制作り(社内経理部)ができるようフォローいたします。