e-taxの準備が便利に!?スマホで確定申告も

 

所得税の確定申告。申告期限は2月16日から3月15日。

税務署は毎年、年明けから徐々に込み始め、2月からは用紙を取得するなどもふくめ、多くの人が訪れます。

平成31年1月以降、e-taxの準備が簡単になりますし、スマホでも確定申告ができるようになります。(制限ありw)

 

・スマホで操作できる

国税庁の確定申告作成コーナーは、税理士も使う良くできたソフトです(笑)

税理士は、業務用の税務ソフトを使うことが多いのですが、

そこにも用意されていない提出書類も、国税庁の確定申告作成コーナーに入っていたり良くできています。

 

年に1回しか操作しない納税者さんにとっては、

「使えれば便利なんだけど、Macで・・・」

「なんかエラーがでる」

「途中でパソコンが固まる」

など、使いたいのに使えない、声をよく聞いてました。

 

スマホなら、エラーが少なく最後まで操作できるのでは?と思います。

 

→スマホ専用画面では、

まずは、年末調整済の給与取得者のみで、医療費控除、寄附金控除(ふるさと納税)をうける方と制限はありますが、徐々に広がると期待しています。

 

 

・送信方法 省略化

国税庁の確定申告作成コーナーの利用では、

紙で印刷して→税務署に持参して提出

という方も多いのでは?

できれば、e-tax(電子申告)できたら良いんだけど~と思っても

マイナンバーカードの取得、カードリーダーの準備が壁となって、利用者が広がらない現状です。

 

そこで、暫定的に

IDとパスワードを使って利用できる。としました。

 

・本人確認とID&パスワード

ここでひとつ壁が。。。ID(利用者識別番号)とパスワードは

税務署で職員による本人確認を行った上で発行しますので、運転免許証などの本人確認書類をお持ちの上、お近くの税務署にお越しください。

とのこと。

本人が税務署に出向いて、IDパスワードを発行してもらいます。

※お近くの・・・とありますが、所轄税務署になります。

すでに、ID(利用者識別番号)を発行してもらっているときは、そちらも持参しましょう。

というのも、ID(利用者識別番号)は2つ以上ない方がいいので、すでに持っているなら、そこに本人確認を受けて、使えるようにしてもいいですね。

 

もう1つ注意点。

通常の電子申告は、受信通知の結果確認が出来るのですが、

平成31年1月からは受信確認、メッセージボックスの強化により、

「マイナンバーカード+ICカードリーダライタ」が必要となるので、ID・パスワードを利用して確認等を行うことはできません。

税務署混むから、今のうちに本人確認行っておこう~~♪という準備の良い方。まだ税務署も準備中で来年からになります。

 

・まとめ

まだまだ

「便利になったね!」

というレベルではないかもしれない

 

でも、e-taxの利用向上と、マイナンバーカードの促進のために

改善されるのだと思いますww(もっと利用者の声をきいてーー)

 

ラジオで聞いたのですが、

本人確認&ID・パスワード発行は、

2018年11月30日 金曜日  11:30~19:30まで、

東京駅 行幸地下通路で出張がでるとのことです(ソースを探したのですが見つけられず)

行ってみようかな~~(笑)

 

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

野球が終わったら競馬へ・・・(笑)

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??