イデコ掛金と所得税控除

個人型確定拠出年金(イデコ)の加入者が100万人を突破したとのこと。

愛称をつくってPRしてきて、やっと増えた印象です(笑)

 

・イデコの節税効果

掛け金を払うことを=拠出といいます。

その拠出金。支払われた掛金全額が、小規模企業共済等掛金控除(所得控除)となります。

所得税、住民税が軽減されます。

受取時→

一時金で受け取るときは、退職所得として

分割で受け取るときは、公的年金の雑所得として取扱われます。

 

「入口」と「出口」で両方お得な制度です。

 

・控除証明書と年末調整

再度ですが、1月1日から12月31日までの支払掛金は、小規模企業共済等掛金控除(所得控除)となります。

イデコの支払について、企業の従業員のケースでは、

  • 給与天引き(事業者がまとめて支払)
  • 個人口座からの引き落とし

があります。

 

年末調整では、一般的に「控除証明書」が必要になるのですが、

給与天引きのケースでは、掛金払込証明書は届きません。

会社が金額を把握していますので、保険料控除申告書への記載は不要です。

個人の口座から引き落とししているときは、保険料控除申告書に控除証明書とともに、年間掛け金を記載します。

※企業型確定拠出年金は、会社が掛金を負担しますが、本人が負担できるケースもあります。

 

・確定申告では

確定申告でも、上記の「年末調整」のケースと同様です。

給与からの天引きコースの方は、源泉徴収票をもとに

 

最近では、掛け金を一括納付できるようになりました。

1~9月に掛金の引き落としが行われた方へは、

10月下旬頃に国民年金基金連合会から「小規模企業共済等掛金払込証明書」が郵送されるようです。

 

それ以降に始めたなどは、「小規模企業共済等掛金払込証明書」が遅れます。

年末調整に間に合わないときは、確定申告により控除をうけます。

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
はやく来年の手帳を買いたいと思っています。

今年も残り少なくなってきましたねぇ
KinKi Kidsの年末年始のコンサートがないので 余裕!?の年末を過ごす予定です。

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??