年末調整&確定申告 電子的控除証明書・QRコード付きの控除証明書の取扱い

平成30年分の年末調整、確定申告から、生命保険料控除のなど

一部、控除証明書が変わります。

 

・概要について

現在は、はがきなどで「控除証明書」が郵送されたり、「書面」のものを申告書等に添付する必要がありました。

平成30年度分以降は、保険会社などからメールなどで「電子的控除証明書等」を受け取り、それを証明書としてツカエルようになりました。

 

現状では、

  • 生命保険料控除証明書
  • 地震保険料控除証明書
  • 寄附金の受領証

3種類のみですが、今後は「住宅ローン控除」関連の証明書もデータ提出が可能になる予定です。

 

※国税庁ホームページより

 

証明書の種類が3つになります

・書面の控除証明書等   →現状のもの

電子的控除証明書等   →保険会社等から送られてくるもの(XML形式)

QRコード付控除証明書等 →電子的控除証明書等を国税庁のシステムに読み込んで「QRコードつき証明書等」を作成(PDF形式)

 

急には、「はがきでの控除証明書」をやめると大混乱でしょうし、しばらくは現状のままでしょうね。

 

・年末調整では

平成32年(2020年)10月以降年末調整で、電子的控除証明書等を提出できるようですが、

現状では、メールで受け取った「電子的控除証明書等」を

国税庁ホームページのシステム 「QRコード付証明書等作成システム」で読み込ませ、

印刷したものを、年末調整に使います(給与支払者に提出します)

 

・確定申告では

所得税の確定申告の提出方法は、2つ。

書面(紙で)提出のケースと、電子申告(e-tax利用)があります。

・書面提出の際には、「QRコード付証明書等作成システム」で作成したものを印刷した証明書を添付します。

・電子申告では、「電子的控除証明書等」のまま、提出が可能です。

e-taxシステムに、データを組み込んで「送信!」となると思います。

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

取り急ぎ!?この年末調整や確定申告について書きました。

この「電子的控除証明書等」に対応している保険会社は、第一生命とフコク生命しかHPから探せなかったので

まだ、従来のまま、と考えていいでしょう。

少しづつ、書面の発行を減らしていくのだと考えます。

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??