物件契約に関する仕訳 敷金、礼金、仲介手数料など

 

夏は不動産が動かない時期ではあるのですが、

今日は仕訳について書いてみます。

 

・地代家賃?賃借料?

まずは、「地代家賃」「賃借料」のどちらの勘定科目を使うのでしょうか?

 

結論は“どちらでもOK”です。

 

ただ、ある程度の区分けはあります。

 

→地代家賃

事務所や店舗、駐車場など家賃など、土地建物の賃借にかかるもの

 

→賃借料

土地建物以外の賃借にかかるもの。 例:レンタル料、レンタカー

 

所得税の青色申告決算書には、「地代家賃」がすでに印字されています。

以下、物件の賃借にかかわる話なので、「地代家賃」で記載します。

 

・契約時の仕訳

例:8月15日に事務所を契約。

礼金25万円と 敷金50万円、仲介手数料25万円のほか、家賃8、9月分を支払った。

借方

金額

貸方

金額

地代家賃 125,000 現金・預金 1,375,000 8月分家賃
地代家賃 250,000 9月分家賃
敷金or保証金 500,000 敷金
長期前払費用 250,000 礼金
支払手数料 250,000 仲介手数料

 

 

解説:

敷金、保証金、権利金のように、契約終了時に返金されるものは、「敷金」「保証金」など資産の部の科目で仕訳をします。

中には、“契約時に10%償却”などの契約もあります。

返金されない部分は、その時点でその金額を経費計上します。

 

礼金は、資産の部(税法上の繰延資産の扱い)に計上して、一定期間、経費にしていきます。

ただ、20万円未満であれば、支払時に全額を経費にすることができます。

その際は、「支払手数料」「地代家賃」などの科目でよいでしょう。

 

長期前払費用にした礼金は、

5年で償却します。ただ契約による賃借期間が5年未満では、その賃借期間で償却します。

 

不動産業者への仲介手数料の支払は、費用に計上します。

 

・退去時の仕訳

退去では、払いすぎの家賃の返還とか、敷金の返金、原状回復費用の差し引きなどが、

プラスマイナス(充当)されることが多いです。明細をよく見て仕訳しましょう。

例:すでに支払った家賃の返金10万円と、敷金50万円から、原状回復費用15万円が充当され、残金が普通預金に入金された。

借方

金額

貸方

金額

普通預金 450,000 地代家賃 100,000 返金家賃
修繕費 150,000 敷金or保証金 500,000 原状回復費用
敷金返金

 

 

 

・個人事業向け:個人負担分があるケース

「地代家賃」として計上している金額のうちに、プライベート部分が含まれているときは、経費計上からマイナスします。

 

例:家賃100,000円のを1年間地代家賃で計上した。(合計1,200,000円)

このうち、30%の360000円は、個人利用分である。

 

 
借方 金額 貸方 金額
事業主貸 360,000 地代家賃 360,000 個人分30%

 

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

軽く書くつもりが、がっつりな内容になりましたw

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??