消費税の軽減税率 8%のままは?

来年2019年10月から、消費税が8%と10%に分かれます。

 

10%を標準税率といい

8%を軽減税率と言います。

 

さて、どのようなものが8%として残るのでしょうか?

 

・軽減税率の対象になる取引

大きく分けて2つ。

飲食料品の譲渡と定期購読契約がされた新聞の譲渡です。

 

・飲食料品の譲渡とは?

軽減税率の対象である「食品表示法に規定する食品」が対象になり、

食品とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいます。

 

Q&Aから一部ご紹介すると、、、

★ノンアルコールビールは8%

★みりん、料理酒は、アルコール分が1%未満のものは、酒類に該当せず8%

★自動販売機からのジュース、お菓子の購入は8%

★栄養ドリンク(医薬部外品)は10%

★健康食品、美容食品は8%

→「リポビタンD」は「医薬部外品」なので10%、「オロナミンC」は「炭酸飲料(清涼飲料水)」なので8%ということになります。

 

・外食とは??

外食は10%です。

その軽減税率の対象となららない「食事の提供」は、飲食設備があるかどうかで判断します。

 

★セルフサービスの飲食店 → 店舗にテーブル、椅子などの設備で飲食させているので10%

★縁日などのお好み焼きや焼きそばなどの販売&移動販売車 → テーブル、椅子、カウンターなどがないケースは8%

★そばの出前、宅配ピザは8%

★ケータリングや出張料理は10%

★ホテル等の客室の飲み物は8%

★映画館の売店での飲食料品の販売、単に店頭で受け渡ししているときは8%

ただ売店のそばに、テーブル、椅子があるときは、持ち帰り販売を除き10%

 

→野球場では、大部分は座席で食事をとることが予想はされていますが、立って食べる、テイクアウトでおなかいっぱいで持って帰る、お土産なんていうこともあり8%という位置づけです。

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

国税庁のホームページでは、ちょくちょくQ&Aなどが追加されているので確認されるといいです。

商工会が作成したパンフレットが分かりやすかったので、こちらもお勧めです。
小冊子「中小企業のための消費税軽減税率対策2018」を発行

https://www.jcci.or.jp/sme/2018/0330172323.html

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??