「億男」 お金とのつき合いかた

今年秋、映画上映のこの作品。

人気の作品なので一度読んでみたいと思っていました。

あらすじは、

 

図書館司書の一男は、兄が借金を残して失踪して以来、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。

妻は一男に愛想を尽かし、離婚届を残して娘・まどかと一緒に家を出てしまう。

そんな一男に突然宝くじが当たる。その当選金額3億円をめぐる物語。

 

読み進めていくと、お金との付き合い方を考えさせてくれる1冊となりました。

小説というより、哲学的なものですかね。

 

仕事柄、いろんなヒキダシがあったほうがいいので読んでみましたが。

 

どうなんでしょう。。。本だと、読む立場によって

「やっぱりお金はたくさん欲しい」とか

「自由とお金が欲しい」とか

そーゆー感想になりやすそう!?

 

その点映画は、リアリティが迫ってくるので

幅広い感情が楽しめるかもしれません。

 

ちなみにこの本は、ネットブックで読みました。

重い本を持ち歩かないでもいいし、

電車内でも読みやすいし、

ネットブックも割といいな~と思いました。

 

※じつはこれが一番の収穫だったりして(笑)

 

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

川村さんは「電車男」を作った方ですね。

たくさんのお金を手にして、書かれたのでしょうか!?

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??