過度な節税はキケンです

「節税」と言う言葉は、
パワーワードだなぁとつくづく思います。

実は事業で利益が出ていないのに、

その経営者さんは「節税はしたい」など、

少なからず興味をお持ちの方が多いです。

本当にその節税必要ですか??と思うその事例&説明を、
コチラの本で、詳しく理解できます。

 

 

例えば、経営者さん同士の会話で

「保険にはいると節税になるよ」なんて聞くと、

うちも入ってみようか!なんて思ってみたり。

 

東日本大震災で、なんとなく加入した保険のお陰で、

復興の足がかりになった、などのケースもありますから、

保険加入は全面否定ではないのですが、

仕組みは理解されると良いのではないでしょうか。

経営していますと、手元に現金(預金残高)があると安心できますよね。

(安心して、気が大きくなって使うことは控えましょう)

 

一方で、利益が出たから節税したいと、何かを購入したりして経費を増やし、利益を減らすことはできても

お金を減らしてしまうことになります。

それより、税金を払っておけば、お金は残りますよね?

利益を確保できますよね?

そのお金や決算書で、事業の発展に使いませんか??と。

 

例:算式で考える

売上500 - 経費100= 利益400  →税率が30%なら 120支払う

※利益400分現金があるとすると、 400-120=280の現金がのこる

 

400の利益を減らしたくて、なにかを購入などして利益をゼロにすると、

売上500 - 経費100+400=利益 0

現金が残らないという辛いケースに。

 

 

借入の話も多く、

本などで勉強してみたいという経営者さんへ

適切な1冊になると思います!

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

先日食べた、ロブスターロール♪

日本ではロブスター料理が少ないので、アメリカの味が懐かしいと思いがっついてしまった(笑)

ロブスター&溶かしバターのコンビがたべたひ

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??