「仕事」の反対語は? 広辞苑の編集部にお邪魔してきました

広辞苑が10年ぶりに大改訂を行い、第7版を発売しました。

その編集部にお邪魔できるというので参加してきました。

これでもブログを書いたり、本の出版にも携わったので
「言葉」には興味がありますーー!

背表紙(製本確認の行程)

・広辞苑とは

1955年の初版から60年余り。

古語から現代語まで収録されていているので、夏目漱石なども読めるようになっています。

ここが国語辞典と違うところで、広辞苑は言葉の歴史もうかがえます。
当然「言葉の変化」への対応も興味深いところですね。

例:姑息(こそく)

「卑怯なやつ」という意味合いで使うことが現代ですが、
漱石さん時代では「その場のがれ」という意味でつかっていたようです。

こうなると、小説を読んでいて意味が変わってしまいますね。

広辞苑は「国語」+「百科」辞典であり、専門用語も多いの特徴です。

 

・辞典と事典

私たちが税法を読むとき、「時」「とき」「場合」 や 「物」「者」「もの」を分けています。
「物」はぶつ 「者」はしゃ 「もの」はもの と読みます。

編集の方が 「ことばてん」「ことてん」とお話されていたのが、印象的でした

「ことばてん」は、辞典をさして言葉の意味を伝える方

「ことてん」は、事典をさして事柄をあつめる百科部分

 

・紙だから

WEB辞典と違って、紙であること。

製本で8センチが限界なので、新語を追加してもなお製本できるように
紙の技術の向上も加え、
とにかく文字数を減らすことをポイントにしているようでした。

私も本の製作の時は、編集の方と文字数内に納めるために、
文字を増やしたり、減らしたり頑張りました。

ゲラを見せていただいたのですが、
言葉を削っていたアカ(赤字)が印象的でした。

ちなみに広辞苑の作成方法は、

各分野ごとに項目を抽出し、専門家がチェック。
それを編集部でまとめ、内容と体裁の校正を行うようです。

※ためし製本

・「仕事」の反対語は?

私「仕事」しながら、ふと「仕事の対義語ってなんだろう」と思いました。

「遊び?」「休暇?」「休み?」

グーグル先生に聞いても、ぼやーーとした回答しか探せず。

広辞苑の編集部ってきっと激務でしょう。
しかし、やりがいのあるお仕事ではあるはず。

沢山の言葉をあつかってらっしゃる中で、どの言葉を選ばれるか興味がありましたので、
帰り際、質問させていただきましたら、すこしお考えになり・・・

「暇」

と回答されました。

その心は

ビジネスという言葉は、Busi-ness ビジー(忙しい)から来ているとのこと。

「いとなみ」は、「いと な み」と分けて、いとま が ない と言葉の分析を加え
スペイン語のnegocios(ビジネス)の語源解説までつけていただきました。

仕事が忙しいのもきついし、暇もきつい。

あ~~だったら、仕事してお金いただくのが良いかな~(笑)

言葉のプロからは、このようなご返答を頂きました。
あくまで私の個人的な質問に付き合っていただいたので、その辺ご了承ください。

あなたにとっての「仕事」の反対語はなんでしょうか?


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
第7版 広辞苑には「大人買い」が加わっています。

さて、「爆買い」と「まとめ買い」の違いは??

言葉が違えば、使う場面、意味も変わってくるんですね。
興味深い大人の社会科見学でした!

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??