給与のみの確定申告書作成 動画有り

確定申告、進んでいますか??

来月の3月15日が申告期限になりますので、
必要のある方は、作成して提出しましょう。

今回は、わりと簡易な!?
国税庁のホームページを利用した、申告書作成をお伝えいたします。

・確定申告が必要な給与所得者

確定申告が必要なかたは、以下の方々です。

  • 給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
  • 給与を1か所から受けていて、かつ、その給与の全部が源泉徴収の対象となる場合において、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円を超える方
  • 給与を2か所以上から受けていて、かつ、その給与の全部が源泉徴収の対象となる場合において、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が20万円を超える方※給与所得の収入金額から、所得控除の合計額(雑損控除、医療費控除、寄附金控除及び基礎控除を除く。)を差し引いた金額が150万円以下で、更に各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円以下の方は、申告は不要です。
  • 同族会社の役員やその親族などで、その同族会社から給与のほかに、貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている方

 

・給与所得のみで還付を受けたい

これ以外で、還付を受けたい方もいらっしゃいますかね?!

・給与所得のみで、年の途中で退職した方

・給与所得で、ふるさと納税(寄附金控除)や、医療費控除を受けたい方

いずれも、国税庁のホームページから、確定申告作成コーナーをつかうと便利です。

国税庁のサイトから、動画も提供されていますが、
忙しい現代人(笑)のため、導入部分だけ動画にしました(なので詳しく解説していないですw)

 

・補足

・お手元に源泉徴収票をご用意。そちらをみながら入力していきます。

・源泉徴収票、1枚につき4画面ほどあります。後半、支払者の住所、名称のご入力をおわすれなく!

・選択途中で迷っても、あとで元に戻れます

・データの保存は、マメにするといいです

・入力あとは、確定申告書を印刷し、税務署へ持参又は郵送で提出します。

 

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
動画つけるのが大変でしたw

 

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??