財務会計ソフト 保守加入は必要か

最近は、月額利用料タイプの財務会計ソフトもでましたが、
多くは財務会計ソフトのパッケージ版を購入したあと、
保守に加入する事によってサポートを受けられる形態が多いです。

その保守加入について、考えてみます。

 

・保守は必要か

会計ソフトで有名な「弥生会計」を例にとると・・・現在「弥生会計18」が最新ヴァージョン。

サイトによるとスタンダード版は、42120円
「あんしん保守サポート」は、3つのサービスプランに応じ、年間28,080円、32,400円、47,520円。

保守については、ソフト会社側は、「入ったほうがいい」と提供されますが、
お金がもったいないしなーーという事業者さんもいるでしょう。

では、保守は入ったほうがいいのでしょうか?

 

・保守加入をしたほうがいいケース

消費税の課税事業者さん、特に一般(原則・本則)課税であれば、
加入されたほうが良いと考えます。

また、操作方法について頻繁に聞くと予想される方こそ
加入しておけば、メールや電話でのサポートは安心ですね!

また、個人事業者ではソフトによっては、確定申告書も作成できるものがあり、
それに全力で頼りたいときは、所得税の確定申告書の様式が変わるので
保守に入って、最新ソフトを入手したほうがいいでしょう。

 

・入らなくてもいいんじゃない?なケース

基本サポートは、操作の説明なので、税金のこと、仕訳の相談ははいってないことが多いです。

※弥生会計さんは、ベーシックプラン以上は仕訳相談もありますね。

仕訳や税務の相談は、税理士さんに出来るのであれば、
そのサポートははずせるのではないでしょうか?

 

・保守に入るタイミング

私持っている弥生会計は「14」

消費税も10%に自動で変わってしまう古いもの。
ただ、使えている!?ので持っているという程度です。

たとえば、パソコンの買い替えなどでOSが対応しなくなった時など
新しい弥生会計が必要なときは、ヴァージョンが飛びすぎているので
新しいパッケージを買うことになります。

このように、毎年保守に加入しなくても
使えてしまうのが会計ソフトだったりします。

10年使っていて、新しいヴァージョンの会計ソフトが必要なときは、
保守に入るというよりは、新しいソフトをかうというイメージになるかと思います。

 

・保守に入る時期が迫っています

例えば10年使えていた会計ソフト。

その買い替えすべき「大きな転機」は 会計が変わった時。

そういうケースはマレですが、
例えば過去には、貸借対照表の「資本の部」が「純資産の部」に変更された時に
会計ソフトを買い変えた方も多かったのでは?!

そして、再来年の2019年には、元号が変更になる予定です。

法人の決算書には、ソフトによって!?西暦で表記しているところもあると思いますが、
個人事業主さんは、平成29年分の所得税の青色申告決算書など
元号印刷されているので、このタイミングで変更が必要かもしれません。

また、次の消費税の10%変更時。

数年前から保守に加入せず、使えている会計ソフトも
そろそろ買い替えの時期かもしれませんね!

 

【参考記事】古いバージョンの弥生会計・会計ソフトと消費税10% 保守に加入する?

古いバージョンの弥生会計・会計ソフトと消費税10% 保守に加入する?


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
クラウド会計について書いた記事が、まとめサイトに掲載いただきました。

どのソフトがおすすめ?仕事を楽にしてくれる会計ソフトまとめ
【URL】 https://freelance.levtech.jp/guide/detail/149/

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??