年末調整の用紙の入手方法

年末調整のための用紙。
どこで入手できるのか、改めて書いてみます。

 

・どんな用紙が必要か

平成29年のこの年末は、

・平成30年分の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書
・平成29年分 給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書

が必要です。

給与計算ソフト等を利用しないときは、

・給与所得・退職所得に対する源泉徴収簿

をつかって、計算をします。

 

・ダウンロードする

年末調整の用紙。基本は2種類。

こちらは国税庁のホームページからダウンロードできます。
入力用、、、という打ち込めるものもできました。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/mokuji.htm

 

・紙で欲しい

給与計算ソフトから、名前をプレプリントして出力できるのを使うのも一案です。
ただ、なにも記入してない税務署がだしている「用紙」が欲しいと言うときは以下の方法です。

→税務署にいく

だいたい、10月中旬頃からおいてあるようですが、
税務署によってバラつきがあるようなので、事前に電話確認されるのをお勧めします。

 

→説明会会場で入手

税務署から「お知らせ」が届く封筒の表に、
「説明会&配布会」の情報があるはずです。

そちらに予定を合わせて、用紙をもらいにいくことで入手可能です。

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
源泉徴収票を作成したいときは、複写(3枚組or4枚組)の用紙も
税務署等でもらえます。

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??