個人事業主と事業税について 申告は?

個人事業のうち、地方税法で決められた事業に対してかかる事業税。
8月に納めた方もいますかね??!

事業税についてポイントを書いてみます。

 

・事業税とは?

確定申告書を提出した時に納める(還付される)税目は所得税という国税です。
事業税は、住民税と同様に地方税になります。

なので窓口は税務署ではなく、都道府県民税事務所です。

事業税は、

・対象の業種に対して課される、というのと
・計算の上で、290万円の控除額があります。

今まで払ったコトない!という方もいるのは、どのどちらかですね。

リンク 対象の業種と税率(東京都)

 

・納付について

送付された納税通知書(納付書)で、8月と11月の2期にわけて納めます。
自治体によっては、一定金額以下の時は、8月にまとめて支払うところもあります。

東京では、口座振替が可能です。また、コンビニ払い、クレジットカード払い、ペイジーも選べます。

 

・所得税の確定申告との関係

所得税の確定申告書を提出期間内に提出した方は、事業税の申告書も提出したとみなしますので、
改めて事業税の申告書を提出する必要はありません。
ただ、課税に必要な情報がほしいと、問い合わせやお尋ねがくることはあります。

では、所得税の確定申告書を提出していないときは??
それは必要な事項を書いた申告書を提出することになります。

・仕訳について

事業税は必要経費として経費にできます。

仕訳としては、

(借方)租税公課 / (貸方)現金預金

です。

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
KinKiKidsの番組をみてて、どうしても食べたくて、期間限定のトマトづくしコースを食べてきました。

神のナポリタン♪ 濃厚で美味しかった~~!

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??