個人で加入する「個人型」確定拠出年金について

確定拠出年金(DCといいます)は、2016年に加入範囲が広がり、
個人事業主でなくても、広く個人が加入できるようになりました。

【過去記事】 確定拠出年金とは? イデコ(iDeCo)とは?

確定拠出年金とは? イデコ(iDeCo)とは?

・確定拠出年金とは

自分の加入している年金制度のステータスに応じて、拠出金(掛金)の限度額内で、
毎月積立していき、その運用を自分で行い、その成果に応じ将来の年金給付額がきまる制度です。

たとえば、
個人事業主(国民年金加入者)は、月額68,000円が限度。

サラリーマンでも、会社に企業型DCがないときは、月額23,000円が限度。

会社に企業型DCがあるときは、月額20,000円が限度で、

また専業主婦のような第3号被保険者(社会保険の扶養者)

 

・税金のメリット

→払った時
毎月の掛金は、全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除)になります。
年末調整で控除が受けられます。

→年金受取時
運用した年金は、一時金と年金方式で受取れます。

一時金のときは、退職所得。
年金方式は、雑所得の公的年金扱い。

どちらも所得税の計算上、有利と言われている所得区分に該当します。

 

・注意点

掛金を払った時&年金をもらう時と税金メリットがある、確定拠出年金。
ただ、知っておくべき注意点もあります。

・60歳までは解約&払い出しはできない

掛金の変更は出来ますが、解約することはできません。

・手数料がかかる

加入時や口座管理手数料などがかかります。

・自分で決める

金融機関、証券会社など、ご自分で口座をひらくのですが、
手数料が安いところを選ぶとか、取扱い商品の多い所を選ぶとか、
口座開設するところから、自分で決めていく必要があります。

もちろん、どの商品に何パーセント購入するか、など運用して行きます。
それによって、老後にもらえる年金が変わってきます。

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
年金額が確定しないことが「デメリット」と言われるDCですが、自己破産してもこの財産は清算されないという
隠れメリットもあるんですよね~

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??