NISA創設から3年 保有期間とか口座を気にする作業

非課税口座内の少額上場株式等に係る、配当所得・譲渡所得の非課税措置という
いわゆる「NISA(ニーサ)」が開始されて3年が経過しました。
この間、ジュニアNISAとか積立NISAとか、拡大されています。

みなさん活用されていますか?

 

・NISA口座とは

株を買って、投資しよう!という時には、まず証券会社に口座を開設するところから始まります。
その「口座」が、一般口座、特定口座(源泉有り)、特定口座(源泉なし)と3つだったのが、NISAという新しい口座ができました。

これらは、税金の取扱いの違いから選択できます。 わかりづらい・・・w

このうち、NISA口座内で購入した株式の譲渡益には、税金がかかりません。
現在株の譲渡益は、所得税&住民税で、20.315%なので、非課税と言うのはありがたい!

年間120万円(2014.2015年は年間100万円でした)まで、購入できて、非課税期間は5年間です。

また、NISA口座で保有する上場株式の配当金等も非課税扱いでうけとれます。
ただ配当金等の受取方法を「株式数比例配分方式」に指定しないとだめですよ。

 

・利益を5年内にだすのがポイント

「非課税期間5年間」というのは、投資枠の年間120万円で買い付けた株等、最大5年間はその口座内で保有ができるので、
利益がでて売却できれば、税金はかかりません。

NISAが始まって3年。最初に投資した株は値上がりでしょうか?値下がりでしょうか?

値下がりで売れないときは、5年経つと売った事になって課税されちゃうの?それは困る!と思っていたら、

・「特定口座」「一般口座」で保有することになる。
・翌年の非課税投資枠へ移行できるので、引き続きNISA口座で保有できる

ほっ!

 

・マイナンバーを9月までに提供する

過去にNISA口座を作ったかた。
使ってない方が多くいられるようですが、2017年9月までに個人番号(マイナンバー)を提供しないと
2018年からNISA口座を使えなくなります。

この際に、口座閉鎖を考えている方には「放置」でいいのでしょうが、提供拒否をしたい方は、どうするんだろう・・・・?


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
この時期、研修のお知らせが多いw
税理士は36時間受けなければならないので、今年は早い時期から参加してクリアしたいと思っています。

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??