クラウド会計ってどうなの? 3年使った感想

私は、クラウド会計(MFクラウド)を利用して、3年が経ちました。(もう3年か・・・)

思えば、消費税率が5%から8%に変わり、会計ソフトの対応と、スタッフの退職に右往左往。
なにか良いソフトで、業務が効率化出来る物はないのかと探していたところでの出会い。

それからMFクラウド以外にも、ほかのソフトもつかいました。使い方をいろいろ模索した3年。
税理士として使って、ぶっちゃけどうなの?と言うところを書いてみます。

・クラウド会計とは?

インターネット上に、会計ソフトもデータも置かれている状態で使用します。
ヴァージョンアップが自動で(裏で)行われるため、いつでも最新のソフトを使えます。

クラウド会計は、昔から合ったのですが、最近のものは「自動化」がウリで、

・クレジットカードの情報を登録しておけば、取引データと連携できる
・インターネットバンキングの情報を登録しておけば、入出金データが連携できる など、仕訳入力の手間を「少し」は効率化に出来るものです。

よく名前が挙がるのは、
弥生会計から出ているオンライン、またはクラウドに特化している「freee」「マネーフォワードのMFクラウド」で、私は主に「MFクラウド」を利用しています。

 

・良かった点

・突然のパソコンの故障にも、入力したデータが無事でなにより

・Macが使えること

・ものぐさ!?さんは、自動取得により入力が楽になった

・会計ソフトのヴァージョンアップについて気にしないで使える(例:お客様のものとこちらのVerが合わない事から開放)

・データが共有しやすいので、記帳代行会社に依頼することも、経理担当者に一部入力するなど、動きがスムーズ

・会計初心者さんが、導入しやすくなったと思う

・データを頂くのが遅い方でも、自動取得を利用するとある程度進められる

・エクセルからも仕訳に出来るので、自動取得機能とともに、仕訳変換器のような使い方もできる

 

・残念だった点

・お客様と、税理士事務所でお互いに入力することがあるので、誰が入力したか、一目でわかるといいな~と思いました

・freeeさんは補助科目が作れない

・freeeさんの補助科目の件に加えて、決算書に「Amazon」「Suica」などの勘定科目が負債の部に並ぶので、いやだな~と思いました

→この辺は好みですがね。私は会社様の決算では、表示を作り変えて「決算書」としています。

・請求書との連動が可能なのですが、未実現な仕訳も計上されてしまうので、実態の数字を把握するのは注意が必要

・レシートスキャンに期待したけど、いまいちっぽく、お客様のその便利さを感じてないご様子

・自動取込は便利なのだけど、「数字合わせ」部分は、意外と大変

・確定申告時など、ユーザの利用が多いときに不安定になる

・MFクラウドには消費税申告書がつくれない

・総勘定元帳の印刷指示について、自由度がひくい

 

思いついた事を、書き出してみました。

これから、どんどん改良され使いやすくなり、ユーザーも増えていくのでしょう。

私自身、お客様に合わせて、インストール型のソフトとクラウド会計を使い分けています。
クラウド会計を使っているお客様でも、インストール型の方へバックアップ代わりにデータをつくったりもしています。

お客様の希望をお聞きしながら、未来をお話しながら選んでおります!

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
先日テレビをみていたら、肩こり治療で筋膜リリースが紹介されていました。こちらは、注射もあるようですね。
私は、エステで受けた事があり、そのときかなり、肩こりが軽減されたのを思い出しました。もちろんエステは治療でもなんでもないですが、気持ちよかったです。

また受けたいな~~♪

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??