古いバージョンの弥生会計・会計ソフトと消費税10% 保守に加入する?

消費税10%への増税は、当初今年4月1日からの予定でした。
それが延期になり、現在では、平成31年10月(2019年10月)~となっています。

会計ソフトでは、消費税の課税区分を入力するものが多いです。

日付をいれると改正日にあわせて、自動的に8%とか10%とか自動で入ったりするのがあります。

さて、、、古いバージョンをお使いとき、会計ソフトでは、消費税の改正日に合わせて自動で10%扱いになってしまうこともあります。

消費税の納税義務がないときには、そのままで使えそうな気がしますが、
数年後、消費税の納税義務が予想されるとか、
古いバージョン使用中で、消費税の納税義務ありなどは
新しいものへ買いなおし または 保守加入で最新のバージョンへの移行が必要そうです。

手動で直しても、正しく計算されないとかもあるでしょうし、各会計ソフトの対応を調べられるといいですね。

→当事務所の弥生会計は、なんと14でしたw

通常、エプソンの財務応援とマネーフォワードを主に使っています。

エプソンの財務応援では、R4シリーズというのができて、今使っている財務応援Super・Liteについて消費税10%には対応しないとのこと。
次のソフトについて、弥生会計さんに行こうと思っていたときに、このバージョンアップ縛り。

税理士事務所では、メインに弥生会計を使っているところが多く、お客様の方へ保守加入をお願いしたりと大変そうです。

うーん(>_<)

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
お客様が使いやすいと思うソフトを使っていただくのが一番なのですよね。
ただ、どれでもいいです!という方には、税理士事務所がお勧めするものをご購入いただいているケースが多いです。

弥生会計さんは使いやすいようですが、こういう場面で残念なんですよね~

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??