所得税が高額で払えないとき 延納と利子税

所得税の確定申告の作成、進んでいますか?
計算した後、思った以上に税金が出てしまって、払えないよ~~って方。

納税については、基本申告期限の 3月15日までなのですが、ちょっと延ばせることもできます。

・延納の申請をする

3月15日(又は振替納税の人はその期限まで)に、納める税額の1/2以上を納付すれば、
残額は 5/31まで支払期日を伸ばすことができます。

この制度を「延納(えんのう)」といいます。

申請は、所得税の確定申告書 A、Bの 第1表の所の下に申請するところがあります。

↓こちらに、金額を書き入れます。

例:
申告書Bの「47番 納める税金」 2,997,900円

2で割ると、1498950円。→ 延納申請額は、千円未満切捨てするので、それを考慮した上 1/2以上は先に支払う金額を計算します。

57番:申告期限までに納付する金額 1,499,900円
58番:延納申請額 1,498,000円

 

・利子税が掛かります

延納期間中は、年「7.3%」と「特例基準割合」のいずれか低い割合で、利子税という利息みたいなものを支払うことになります。

平成28年分の計算については、「特例基準割合」が1.7%。

例: 延納申請届出額 1,498,000円→万円未満切捨て 1,490,000円にする。
1,490,000円 × 1.7% × 77日/365日 =5,343円 →千円未満切捨てにしますので 5,000円です。

 

・利子税は必要経費に?

売上が増え事業所得(不動産所得)が増加→税金が増えたので延納をする、というケース。

ようは、銀行から借入して税金を払うようなシーンでは、その借入利息は必要経費扱いになる余地があるということで、
利子税を支払ったときは、一定の計算の元、事業所得(不動産所得)の計算上必要経費に算入することが出来ます。

他の方法について。。。

 

・振替納税を使う

振替納税とは、申告された方の金融機関の預貯金口座から自動的に納税する、、、ようは口座振替のことです。
振替納税は、書類を申告書と一緒に提出します。

すると、納税期限が1ヶ月ほど延びます。
平成28年分の所得税及び復興特別所得税の振替納税の引落日は、平成29年4月20日(木)です。

参考記事:便利な所得税の振替納税 その注意点

便利な所得税の振替納税 その注意点

 

・クレジットカード納付を使う

今年 平成29年1月より開始されたクレジットカード納付。

手数料は掛かりますが、カードの引落日まで納付期限を少々延ばせる・・・というメリットもあります。
※メリットなんだろうか。。。。まあケースバイケースってことです

 

参考記事:国税 税金をクレジットカードで支払う方法

国税 税金をクレジットカードで支払う方法

 


◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
この冬のドラマ。何を見ていますか?

私は「嫌われる勇気」と「ラブホの上野さん」がお気に入りです。
「嘘の戦争」はハラハラしすぎて、心臓に悪いのでやめました(笑)

 

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??