外国にある銀行口座について 解約?維持?

私は、アメリカに銀行口座をもっているのですが、折りに触れ解約しようかと思うときがあります。
口座を日本から維持して10年経過。その間・・・

・放置しすぎて、 州?市?没収されそうになる
→赤坂にある、アメリカ領事館にいって宣誓する

・口座情報の変更が必要
→日本の戸籍を翻訳して、証明のために公証人役場に行く

・口座維持費がかかっている事にきがつく
→日本から急いで海外送金

私は、アメリカで年金をもらえるその日まで
がんばって口座を維持しておこう♪という簡単な野望があったのですが、手続きが多くて困ってます。

そこで、解約しようかと思ったのですが、お仲間や友人から

「口座開設は大変だからもっていれば?」

「いつでも解約できるし。。。」

といわれるもんで、そ~か~と思っているところに

「最近では、シンガポール・香港など 銀行の新規口座開設が非常に厳しい」

との情報を入手。

きっと、現金の山を見せれば、あけてくれるんでしょうけど(笑)
少額な稼げない口座は、手間が掛かるのでいらない。。。という姿勢らしいです。

じゃ、もう少し維持しておくか~~

ちなみに、少額な利息でも何ドルかはつくので、日本の利子所得として総合課税しております!

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
関東の私は、アメリカから帰国して「恵方まきを食べる」という新しい行事に当時びっくりしました。
しかも、ずーーと前からあるかのように家族がやっていたので、数年前まではなかったじゃん!と。

その違和感はいまだにあり、
さらには、今年は変わりものの太巻きが多く出てて、さらに違和感2倍増し。

なんかもう、節分=巻き寿司を食べる日。みたいな感じですわ(笑)

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??