引越ししたら・・・ マイナンバーカード・通知カードも変更が必要です

個人番号(マイナンバー)ですが、留守がちな人はまた受け取っていないという方もいらっしゃいますが、ご自身のマイナンバーとは対面されてますかね?

住民票を取得する際に、個人番号(マイナンバー)記載をしてもらうようにすれば、自分の個人番号はわかりますよ!

 

・マイナンバーカード記載内容

マイナンバーカードは、券面に

氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号)と本人の顔写真等が表示されます。

こちらは、プラスティック製デス。

有効期限は、以下のようになっています。

  • 所有者が20歳未満の場合は、発行から5回目の誕生日
  • 所有者が20歳以上の場合は、発行から10回目の誕生日

 

・通知カードの記載内容

通知カードは、券面に

氏名、住所、生年月日、性別、と マイナンバー(個人番号)が記載されています。

こちらは、紙製デス。

通知カードには有効期限がありません。

 

・記載内容の変更があったとき

引越しや結婚などで、記載内容に変更があれば変更が必要です。

詳しくは、自治体に問い合わせし、必要書類、記載用紙の確認をしましょう。
いくつかの自治体のサイトをみましたら、転入・転出・転居とそれぞれ手続きの際には持参した方がよさそうです。

マイナンバーカードの時:

カード内に情報が入っていますので、その書き換えも必要です。「発行し直し」ではなく、変更した内容をカードに記載されます。
役所の方がかいてくれるようです。記載の欄がいっぱいの時は、有効期間内でも作りなおしです(現状、無料とのことです)

通知カードの時:

こちらも、裏面に変更が記載されるようです。

これから、春の移転時期を迎えますので、転入・転出・転居の時には、これらのカードも持参することをお忘れなく!

本人確認の時

この記事を書きながら、そうか住所変更とかもあるのか!と思いました。
郵送で番号カードや本人確認をするとは、コピーを送ってもらうこともあるでしょう。

だとすると、その変更した券面も頂くことになりますね。運転免許証の住所変更のときみたいに。

参考記事 個人番号(マイナンバー)の本人確認の方法 住所を教えたくない!

個人番号(マイナンバー)の本人確認の方法  住所を教えたくない!

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
最近、マイナンバーの記事ばっかり(汗)
他の記事も書きたいと思います♪

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??