源泉徴収票 WEBにて作成できます

ずーーと、「あったら良いな~」と思っていた
源泉徴収票をWEB上で作成できる。
というのが、国税庁のホームページで公開されています!

 

給与所得の源泉徴収票
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100051.htm

こちらには、 【手書用】と【入力用】とあります。

手書用は、PDFファイルをダウンロードして印刷したものに、手書きで書き入れるものです。
入力用は、WEB上にPDFファイルへリンクが飛びますので、そこに入力するものになります。

 

・入力用の使い方

まずこちらは、「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」の添付書類としてのサービス提供のようです。

1ページに、給与所得の源泉徴収票が2人分作成できる?と思いきや、表の枠外、左下には
「税務署提出用」「受給者交付用」となっていますので、1人分の作成になります。

該当箇所に、文字や金額・数字を入力するのですが、算式などは入っていないので、
入力内容については、見本などをみて打ち込むコトになります。

 

・印刷しましょう

手引き?使い方?にも書いていますが、

A4用紙1枚に税務署提出用及び受給者交付用の各1枚が印刷されます。

なので、交付用に使う時には、裁断したのち、会社印鑑・個人印などを捺印したあとに交付することになります。

会社の印などは、押さなくても良いケースもありますが、会社等の支払者が発行交付した「原本」であることを証明するには、

朱肉の感じがあるものでないと、ダメっていわれることがあるのでお気をつけください。

 

・他のものもあります!

給与所得の源泉徴収票だけでなく

  • 退職所得の源泉徴収票
  • 報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書
  • 不動産の使用料等の支払調書
  • 不動産等の譲受けの対価の支払調書
  • 不動産等の売買又は貸付けのあっせん手数料の支払調書

も、用意されています。

サイトはこちらになります http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/mokuji.htm

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

SMAPロスです。一方で、KinKi Kidsの20周年イヤーのなんやかんやがなかったら地獄でした。

 

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??