社会保険の適用拡大 配偶者の壁が130万円から106万円に!?

女性

 

平成28年10月1日より、501人以上の従業員がいる会社は、社会保険に加入させる要件が拡大されました。これにともない、厚生年金の標準報酬月額に88000円の欄が追加されます。

 

・適用拡大について

上にも書きましたが、本店・支店合わせて 501人以上の従業員がいる会社(特定適用事業所)が対象になります。このような会社に勤務している“短時間労働者”は、厚生年金などの加入対象者になる可能性が広がりました。

 

・週の所定労働時間が20時間以上であること

・雇用期間が1年以上 見込まれること

・賃金の月額が8.8万円以上であること

・学生でないこと

細かい要件が気になるかたは、日本年金機構のサイトをご覧ください

→→短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の適用拡大の概要

 

 

・年収130万円未満に抑えていたが

このような(従業員501人以上の)会社に勤務していて、配偶者の社会保険の扶養内で働いていよう!と、年収130万円内に抑えていた方はどうなるのでしょうか?

加入義務アリとなれば、今後、健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料を給与から天引きされることになります。(扶養から外れる)

そして、保険料が天引きがされ手取り額が減ることになります。

 

ただ、上記にあるように 要件では「月額8.8万円以上」とあり、106万円という金額は、あくまで目安です。月額8.8万円の算定対象には、臨時的な給与(残業代や賞与など)は含まれないため、年収額で判断するものではありません。

また、標準月額には通勤費も含めるのですが、この「月額8.8万円」には含めないとされています。

 

 

・具体例を考えてみる

1年以上の雇用と、学生ではないと言う前提で、金額でみるとどうでしょうか?

例1:時給920円  6時間勤務 週4日 →週24時間勤務  月額の9.5万円の時

→ 加入義務アリ

 

例2:時給1000円 5時間勤務 週4日 →週20時間勤務 月額8.4万円の時

→ 加入義務ナシ

 

詳しい事は、人事関係の部署に聞いてみるのがいいですね。(人事担当者は、問い合わせに備える必要があるでしょう!?)

 

これにより、積極的に働く方もいれば、時間を短くしようとする方もでてくるでしょう。そして、中小企業へもこのような制度の適用がでてきそうなので、動向をチェックして行こうと思います。

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

女性の起業家さんとお話するときには、「扶養内で」とか「扶養」とかのワードが多くなります。なので、この辺のことも書いてみました。

◆個別相談、税務顧問など お問い合わせは コ チ ラ

◆当事務所メルマガのご登録は コ チ ラ


↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ)  通称“セラピスト税理士”高卒日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。担当した業種は50以上。中には大物歌手も。幅広い経験と「お客様には愛情をもって」をモットーに、心をこめてサポートをさせて頂いております。運気や心理学、女性特有の悩みや経営相談には織り込んで行います!米国会計事務所に勤務経験があり、ビジネスを海外へ展開したい方へのご相談にも応じます 詳しいプロフィールはコチラ



◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。

?

☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。 にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 ←久しぶりに参加中