給与計算エクセル  税金の算式

給与

 

給与計算に関しては、クラウド型のシステムが多くなり、とても便利になりました。一方で、毎月報酬は定額だったり、手続きは社会保険労務士さんがやってくれるので、そこまでの有料サービスは不要。。。なんて事業所さんがいらっしゃるので、お客様との連絡に使えたらと、自作で簡単な給与計算ソフトを作ってみました。

 

・給与計算エクセル

参考にしたのは、税理士の井ノ上さんのブログ。

→社長ひとりの給与計算をExcelで。給与計算・賃金台帳・給与明細テンプレート

http://www.ex-it-blog.com/Excel-Salary-Template

私のケースは、一覧で数名入力して、給与明細も発行できるようにしたかったです。
なので、ひとりづつ源泉所得税を計算する欄を作る必要がありました。

 

・苦戦したのは、源泉税の算式

所得税を計算する必要があったので、ポイントはソコ!

国税庁のホームページから、「月額表」をはりつけて、そこから探すような関数!?が組めればよかったのですが、できないので、IF関数を使いました。

なので、算式を入れるために「電子計算機の特例」を使いました。

【参考記事】給与計算と源泉所得税の計算 月額表と電算機特例

給与計算と源泉所得税の計算 月額表と電算機特例


問題なのは、別表1と源泉税の算式のセル。所得税の計算は

給与

 

このようになっています。

 

このようなものをエクセルでは、以下のようにしました(所得税の計算)

=ROUND(IF(A1<=162500,A*5.105%,

IF(A1<=275000,A1*10.21%-8296,

IF(A1<=579166,A1*20.42%-36374,

IF(A1<=750000,A1*23.483%-54113,

IF(A1<=1500000,A1*33.693%-130688,

A1*40.84%-237893))))),-1)

 

※「A1」セルに、別表1と別表2の合計を入れています

 

給与

 

・雇用保険の有無

できたーー(^o^)/と喜んでいたら、雇用保険で手が止まる。 対象外の方を除外しないと。。。ということで、

雇用保険のあり、なしを計算する欄を加えました。
社会保険料の料率変更などは税理士事務所でサポートすれば、手当など簡単な訂正はお客様の方で、、という運用ができるかな?!

エクセルが未熟なもので、IF関数でしか表現できなかったのですが、なんとか完成しました。
皆様にダウンロードいただくまでに完成したら、またご報告します(笑)

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今年の交流戦は、千葉マリンへ!暑かったけど、飲んで食べて楽しい時間でした。野球観戦を楽しんでいる方々に混ぜてもらい、こちらも素晴らしい交流戦となりました♪

 

酒

◆個別相談、税務顧問など お問い合わせは コ チ ラ

◆当事務所メルマガのご登録は コ チ ラ


↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ)  通称“セラピスト税理士”高卒日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。担当した業種は50以上。中には大物歌手も。幅広い経験と「お客様には愛情をもって」をモットーに、心をこめてサポートをさせて頂いております。運気や心理学、女性特有の悩みや経営相談には織り込んで行います!米国会計事務所に勤務経験があり、ビジネスを海外へ展開したい方へのご相談にも応じます 詳しいプロフィールはコチラ



◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。

?

☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。 にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 ←久しぶりに参加中