国外財産調書とは?  国外に財産がある人はご注意を!

US

 

「海外に財産を移せば、税務署から目が届かない」といって、国外に財産を移転させている方は、そんな時代でないことを知って欲しいです。また、そんなつもりがなくても、昔住んでいた流れで、国外に財産がおいてあるとかも含めて、その財産、税務署にお知らせしないとダメなケースがあります。

 

・国外財産調書とは?

日本の居住者(住んでいる方)の中で、その年の12月31日で 5000万円を超える資産を海外に保有している方は、その財産の種類、数量、金額などを、その年の翌年3月15日までに、住所地の所轄税務署長へ「国外財産調書」を提出しなければなりません。

 

難しくいうと「非永住者以外の居住者」です。

「非永住者」とは、居住者のうち、日本の国籍がなく、過去10 年以内において国内に住所又は居所を有していた期間の合計が5年以下である個人をいいます。

逆に言うと、日本国籍がなくても、日本に5年以上住んで居るときは、自国にある財産について報告しなければだめでなので、外国人を長期間雇用しているようなときは、注意が必要です。

 

 

・出さないとどうなる?

出さないとき、出したとき、どのような罰金・軽減があるでしょうか。

・提出期限内に提出した国外財産調書に記載がある財産について、所得税・相続税に申告漏れがあっても過少申告加算税が5%軽減されます。

・提出期限内に提出してない、また、記載が不十分について、その国外財産が申告漏れの時は、過少申告加算税が5%加算されます。

・わざと提出しない時や偽りの記載など悪質なケースは、1年以下の懲役又は50 万円以下の罰金となります。

 

・記載について

細かい記載を要求されます。

以前税務署から 「金融機関の支店名を記載してください&提出しなおして」 といわれました。

記載例には金融機関の所在地、名称、支店名を記入してくださいとありますが、「金融機関の所在」ということであれば、所在地だけで良いと思うのですけど。

アルファベットになると、文字数が多くて記載が大変です。

また、外貨の時には換算が必要です。

このときは、いつも使っている取引金融機関が公表するその年の12 月31 日における最終の対顧客直物電信買相場(TTB)をつかいます。とはいえ、12/31に相場がないときには、最も近い日の当該相場により円に換算し、国外財産調書に記載します。

 

・ジョイントアカウントは?

日本にはなじみのないこの制度ですが、一部海外では夫婦名で銀行口座を開設することができます。

ジョイントアカウント(夫婦連名銀行口座)についても、時価5000万円超えていたら、国外財産調書の対象になります。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/hotei/kokugai_zaisan/pdf/kokugai_faq.pdf

 

国税庁のHPにあるように、共有財産の時には、

・持分が定まっている場合  →持分に応じて按分した価額

・持分が定まっていない場合(明らかでない場合) →各共有者の持分が相等しいものとして推定し、その推定した持分に応じて按分した価額 (見積価格の1/2)

として記載していくそうです。

 

日本では、なじみがないので、それ、誰のお金ですか、、、ということになり のちのち 「贈与!」「相続財産もれ!」とか言われないように、 早めに白黒つけておく方が良いと思います。 でも、、ジョイントアカウントにしておくことで、便利なこともあるので難しいです。

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今年のヤンキースの弱さに肩を落としています・・・・orz

◆個別相談、税務顧問など お問い合わせは コ チ ラ

◆当事務所メルマガのご登録は コ チ ラ


↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ)  通称“セラピスト税理士”高卒日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。担当した業種は50以上。中には大物歌手も。幅広い経験と「お客様には愛情をもって」をモットーに、心をこめてサポートをさせて頂いております。運気や心理学、女性特有の悩みや経営相談には織り込んで行います!米国会計事務所に勤務経験があり、ビジネスを海外へ展開したい方へのご相談にも応じます 詳しいプロフィールはコチラ



◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。

?

☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。 にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 ←久しぶりに参加中