個人番号カードを取得するかどうか そして携帯すべき?

カード

通知カードはマイナンバーを通知する紙製のカードですが、配達など遅れが発生しています。ある調査によれば、11月末時点で通知カード内容の確認をした人は90%。一方で、個人番号カードの申請をすでに済ませたという人はわずか14%ということのようです。

 

・個人番号カードとは

個人番号カードは、住民基本台帳カードと同様、ICチップのついたカードです。本人の申請により交付されます。これは身分証明書としても利用できます。

表面には

・氏名
・住所
・生年月日
・性別
・顔写真
・電子証明書の有効期限の記載欄
・セキュリティコード
・サインパネル領域(券面の情報に修正が生じた場合、その新しい情報を記載(引越した際の新住所など))
・臓器提供意思表示欄

が記載され、裏面には、個人番号が記載されます。

 

・電子申告時の電子証明書としての役割

個人事業主さんなど、所得税で電子申告をする際に電子証明書が必要な方は、個人番号カードの入手が必要になりそうです。

平成28年1月から個人番号カードが発行されることになるので、住基カードの発行は平成27年12月で終了します。

発行は終了しますが、住基カードをお持ちの方は有効期間内であれば、平成28年1月以降でも、個人番号カードを取得するまでは利用可能です。

気をつけたいのは、e-taxなど電子申告を利用している方は住基カードを利用しているかと思いますので、電子証明書の有効期限を確認くださいませ。

リーフレット http://www.soumu.go.jp/main_content/000377142.pdf

そして!!有効期間後は、住基カードの代わりに個人番号カードを使用し、電子証明書を所得税の確定申告の電子申告(e-tax)で使うと思うので今度はカードリーダー問題が!

「個人番号カード」に対応したリーダーを確認ください→  http://www.jpki.go.jp/prepare/reader_writer.html

 

・通知カード、個人番号カードは持ち歩く?

個人番号カードを申請するのがいいのか、みなさまご意見あると思います。

今のところ、個人番号カードへの申請は「任意」です。そして「無料」。

少し前の食料品を買う時に使うように!とか、今後の診察カードの代わりになるのかなどで、携行するかが変わってくるかと思いますが、基本的には勤務先などで本人確認するから必要なので、、、という場面以外では、持ち歩くことなく自宅保管がいいと思います。

アメリカでも、番号が与えられていますが、紙に印刷されたものが届きます。それを、自宅で大事に保管しよう!と教えられてきていたので、パスポートなどと一緒に家に保管しておりました。通知カード&ほかの身分証明書で大丈夫なうちは、私は入手しないでおこうかな~~!?

個人番号カードの発行枚数は限界があるらしいので、数年かけて浸透させたいのを期待していると思います。最後は、有料にするから申請してくれ!という策なんでしょう(笑)

 

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

毎年恒例となったクリスマスパーティへ!! 東京タワーの見える会場で、素敵な時間を過ごしてきました。

この1年、どんな時間を過ごしてきたっけ?去年見た景色とは違った分、成長できたかな??来年も良い1年になれるようにしていこう♪

 

東京タワー

毎年、このような盛大なパーティーを、社内で企画運営するのは本当に大変なこと。クイズだって司会者の登場から大笑い(^▽^)/ 出席者さんたちと盛り上げながら楽しめる会。

今年は受付で少し参加しましたが、スタッフのみなさん、本当にお疲れ様でした。楽しませていただきましてありがとうございました<(_ _)>

 

自分

◆個別相談、税務顧問など お問い合わせは コ チ ラ

◆当事務所メルマガのご登録は コ チ ラ


↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ)  通称“セラピスト税理士”高卒日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。担当した業種は50以上。中には大物歌手も。幅広い経験と「お客様には愛情をもって」をモットーに、心をこめてサポートをさせて頂いております。運気や心理学、女性特有の悩みや経営相談には織り込んで行います!米国会計事務所に勤務経験があり、ビジネスを海外へ展開したい方へのご相談にも応じます 詳しいプロフィールはコチラ



◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。

?

☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。 にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 ←久しぶりに参加中