資料せんとは?  提出依頼に対して出した方がいいでしょうか?

MA085

 

ある日、会社に「資料せんの提出の依頼について」なんていう封筒が届くことがあります。相手が税務署だし、なんだろこれ?出した方がいいの?という疑問がわきますね。

 

一般取引資料せんとは?

一言でいれば、税務署の情報収集のためのもの、となります。

依頼されているのは「売上、仕入、費用及びリベート等に関する資料せん」かと思います。

例えば、「10万以上の交際費の支払に関して作成してください。」とあれば、その支払先、金額、支払日などをリスト(資料せん)にして報告します。

税務署は、回答内容を独自のシステム(KSK)に入力します。回答内容から、その交際費の支払先がちゃんと売上に計上しているか「推測」し、あれ?って思えば、税務調査などに移行する・・・というための「情報収集データ」のことです。

とはいえ、すぐに税務調査に移行する!というものではないので、資料せんをだすことにマイナスイメージは持たなくても大丈夫です。

 

出した方かいいのか

結論としては、「出さなくてもいいです」。提出はお願いであり「任意」です。

おそらく出さないと、「でてないけど、出して」的な催促はされると思います。

出さないからといって、当社に税務調査にくるのではないか、という恐怖!?と戦わなくても大丈夫です。

→でも、税務調査をすることで、資料せんのような情報収集は可能なわけで、調査先に選ばれる可能性はゼロではないのかと・・・(もごもご)

私が上場会社にいたときには、会社(経理)方針として「協力する」という姿勢だったので、残業して作成しましたが(笑)手間暇かけて出す必要もないと思います。

 

税務署にはたくさんの資料があつまる

このような、各会社に依頼される「資料せん」は一般収集というもので、税務署にはたくさんの資料が集まります。

支払調書、源泉徴収票もそれに含まれます。平成25年度では、全体で法定調書を3億枚も収集したとか。すごいですよね~

これ以外にも内部で集めたものもありますので、当社が出さなくても別に・・・と思ってみたり。

以下、古いデータですが、H20.7~H21.6まででの法定調書、提出枚数ベスト3です。

1位  オープン型証券投資信託収益の分配の支払調書 5793万枚

2位  公的年金の源泉徴収票 3389万枚

3位  給与所得の源泉徴収票 1954万枚

給与も年金も発行枚数が多いですね。

 

 

資料せん、提出は任意ですので、私は出さなくてもいいと考えます。しかし「税務行政に協力したほうがいい」とおっしゃる税理士先生もいらっしゃいます。

ださないと催促されますし、心配になる会社さんもいらっしゃいます。ご説明したうえで「提出義務はないですが、どうされますか?」とお客様には聞いています。

結論としては、会社での方針によりお決めくださるよう、最後付け加えさせていただきました。

 

【追記】2016.10.5
経営者や会社は忙しい事がおおく、わざわざ資料せんなんかつくっていられない!という意見もありますが、
資料せんがどのような場面で使われるか、有効に使われる方法もあるわけで、それを紹介した小説があります。
不正をあばくために資料せんをだす!という正義も大事だと思いました。

本の紹介「税金亡命」

合法も違法も/課税逃れの話

◆◇今日のつぶやき◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お芝居に行ってきました!三上博史さんの演技が見たくてチケットを取ったのですが、他の女優さんも素晴らしかった。舞台上、終始迫力がありました。

 

12002947_882538595166888_4219756705774409525_n

◆個別相談、税務顧問など お問い合わせは コ チ ラ

◆当事務所メルマガのご登録は コ チ ラ


↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ)  通称“セラピスト税理士”高卒日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。担当した業種は50以上。中には大物歌手も。幅広い経験と「お客様には愛情をもって」をモットーに、心をこめてサポートをさせて頂いております。運気や心理学、女性特有の悩みや経営相談には織り込んで行います!米国会計事務所に勤務経験があり、ビジネスを海外へ展開したい方へのご相談にも応じます 詳しいプロフィールはコチラ



◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。

?

☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。 にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村 ←久しぶりに参加中