非居住者の特定口座と証券会社口座について

 

 

今年の7月から始まる「出国税」も気になるところですが、本を読んで気になった非居住者の特定口座について調べたのでかいてみます。

出国時に特定口座はどうするのか

出国の際に、日本の証券会社に特定口座がある場合は、「特定口座廃止届出書」を提出して廃止しなくてはいけません。

特定口座は「居住者又は国内に恒久的施設を有する非居住者」に対しての取り扱いになります。
なので出国する方、つまり非居住者になる場合は、特定口座を持つことはできません。これはNISA口座も同じです。

帰国後に、またその証券会社の口座を使いたい時

出国前に「特定口座継続適用届出書」を提出しておき、
帰国後に「特定口座開設届出書」とともに「出国口座内保管上場株式等移管依頼書」を提出すると、再度特定口座へ組み入れることができます。

参考条文:租税特別措置法 施行令 第二十五条の十の五

 

非居住者は、日本の証券会社の口座を維持できるのか

・・・ここまで調べて、ふと思う。

非居住者になった時点で、日本の証券会社の口座を維持できるのか??
調べていくと、このようなサイトを見つけました。

SBI証券さんのQ&Aより
中長期で海外赴任をなさる等の事由により、外国為替、及び外国貿易法(外為法)第6条第1項第5号の定めによる「(本邦)非居住者」に該当する場合、当社では継続してお取引いただくことができず、原則として口座を閉鎖していただくこととなります。

当該「(本邦)非居住者」に変更となった時点で、「非居住者」の方に関する税制面での取扱いが不明確であり、当社において、当該税制による税額相当分控除のシステムが対応していないためです。
当社にお預けいただいている有価証券等はご売却いただくか、移管等のお手続きをお願いしております。また、お客さまの口座を確認のうえ、売却と出金以外の新規のお取引につきまして制限を設けさせていただきますので、あらかじめご了承ください。(以下 略)

 

そう、やっぱりダメ。別にSBIさんだけではなく、他の証券会社さんでも同じみたいです。

では「特定口座廃止届出書」とかって存在しないのですか??
ひとまず、、出国する時って手続きで追われるのですが、証券会社にもお忘れなく!

 

 

お知らせ
↓記事を書いたヒト↓ 益田あゆみ(ますだあゆみ) 通称“セラピスト税理士”  高卒。日本で1番最初に、メンタルサポートを業界に取り入れたことで、特に女性起業家から安心感と共感を呼び、独自に発行した小冊子は1,000人以上の手に渡っています。 小冊子はページ下よりダウンロードできます。

個別相談、税務顧問などのお問い合わせ
当事務所からのメルマガ ご登録

◆税法の細かい用語、用件等は十分注意して記載してますが、最新情報の補いを含め最終判断は顧問税理士他専門家へお問い合わせください。  


☆ワタシ初の監修本 発売中です☆ オールカラーでわかりやすい作りになっています。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へにほんブログ村←クリックをお願いします。今何位かな??